2022年10月09日

クセ面子にどう向き合うか。。。毎日王冠予想!!

1人気が2年以上の未勝利のサリオス
2人気が勝ち味に遅く大敗上等のレイパパレ
早熟のダノンザキッドに一発屋のポタジェ。。。

このあたりにどう印を回すのが正解なのか、、、
少頭数ながら予想の実力が試されるレースとなりそうです。。。

っとなると外れ必至な気がしてますが、、、orz


2021年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT
A 前走 安田記念組1〜4着馬
B 血統 ディープ&母父ストームキャット
C 脚質 1・2枠以外の逃げ馬注意
波乱の主役
D 前走18頭立て出走馬
これが買えない
E 7歳以上
F 前走ハンデ戦出走馬
直前最終チェック
G 14番より外は壊滅
競馬の天才
H キーになるのは前走の左周り経験!!
1 ノーザンのクラブ馬
2 490キロ以上馬
3 前走左周り重賞で3着以内

2022年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT @人気の信頼度が急上昇!前走の時期は要チェック!
A 前走  安田記念組1着or0.1差なら◎
B 前走  秋初戦馬○
C 馬齢  3歳馬注意
波乱の主役
D 芝1800の重賞で連対歴
これが買えない
E 関東馬で5人気以下
F 社台レースホース所有馬
直前最終チェック
G 10キロ以上減馬×
競馬の天才
H 前走左回り経験が激走を後押しする
1 前走東京G1で3着以内馬○
2 前走4角1〜2番手
3 2か月半以上の休み明け

◎ポタジェ
もともと大阪杯も怪しい面子の中勝ち切った点は今回と同じはず。
調教短評○で東京も得意コースで単

○ジャスティンカフェ
前走は道悪で内通っての345ゾーン馬であれば重賞で通用する。軸相当

▲キングストンボーイ
予想的買い目は何もないけど前走復調気配で穴

△ノースブリッジ
前走ははまっただけの気もしないでもないが、、、
調教短評○でおさえ

△レッドベルオーブ
逃げ一で開幕週ならおさえ
調教短評は△

キルトクールはサリオス
明らかな押し出された感満載。。。
調教短評○の345ゾーン馬なんだけど、、、絶対罠ですよね?

1
東京(日)11R馬連ボックス
6頭
01
02
03
06
07
09
15組

100円

1,500円
2
東京(日)11R3連複軸2頭ながし
06 − 09 − 5頭 5組

100円

500円

posted by ひろく〜ん at 14:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月08日

また少頭数。。。サウジアラビアRC予想!!

毎年毎年、なんでこの時期なのにこんなに頭数が少ないのか。。。
んで、だいたいここの1人気が実弾POGでの馬。。。

勘弁しておくれ。。。

今回はノッキングポイント。。。
1.3倍ですかそうですか。。。

おかげでPOG馬紹介のやる気もおきない。。。



2021年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT
A 前走 新馬組 1人気馬
B 騎手 横典・ルメール
C 馬主 シルクRC・サンデーR
波乱の主役
D 前走0.6差以上勝利馬
これが買えない
E 1番枠
F 前走逃げ馬
直前最終チェック
G 上位人気の牝馬○
競馬の天才
H 短距離戦や左回りの経験が激走につながる!
1 ノーザンのクラブ馬
2 関東馬
3 前走新潟出走馬

2022年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT 新馬組と1〜2人気の牝馬が強い!G1戦線直結の出世レース!!
A 前走  新馬組
B 性別  牝馬で人気なら◎
C コース 前走東京なら◎
波乱の主役
D 重賞・OP特別組
これが買えない
E アスター賞組
F 前走1200
直前最終チェック
G 6番枠◎1番枠×
競馬の天才
H マイル未満の距離実績が好走に作用する!
1 前走左周り1600で上り最速で勝利馬
2 クラブ馬 牝馬
3 1500以下勝利馬

◎シルヴァーデューク
戸崎の腕に期待
調教短評○

○ノッキングポイント
調教短評○で軸

▲ブーケファロス
345ゾーン馬

△マイネルケレリウス
調教短評○

△ドルチェモア
調教短評○

キルトクールはフロムナウオン
調教短評ーで危ない人気馬。。。

1
東京(土)11R馬連ボックス
6頭
02
04
05
07
08
09
15組

100円

1,500円
2
東京(土)11R単勝
05 1組
500円
posted by ひろく〜ん at 12:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実弾キルトクールPOG22-23】【キルトクールPOGオンライン22-23】連絡帳その19

柔道世界大会見ましたけど、、、
しかし、なんで決勝で日本人同士がやっているのだろうか。。。

日本だけ二人出れるのかなぁ???

まぁ、面白かったからいいですけど。。。
また兄妹金メダルとか恐ろしいことやってるし。。。



先週の実弾キルトクールPOGは0勝

わちき関連馬 ディオファントス 8着

先週のキルトクールPOGオンラインは0勝

わちき関連馬 なし

先週はどちらも大した動きはなかったですね。
問題は今週です!!

大物と言われている馬たちが大挙出走してきます!!

フリームファクシ(牡、ルーラーシップ×ライツェント、栗東・須貝厩舎)
グランヴィノス(牡、キタサンブラック×ハルーワスウィート、栗東・友道厩舎)

特にグランヴィノスの評判は今期1番馬と呼ばれるくらいの評判ですね。。。
これがまた大魔王の馬なんですから、、、ほんとどーなっていやがりますか。。。


◆10月8日

●東京芝1800m
レヴォルタード(牡、エピファネイア×バウンスシャッセ、美浦・手塚厩舎)
母は重賞3勝、オークス3着。おばコントラチェック(重賞3勝)、おじムーンクエイク(京王杯SC勝ち馬)。今年の春の時点で、エピファネイア産駒の中では特に名前が挙がっていた評判の一頭。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)は、ウッド5F83秒5−67秒2−12秒2。9月10、14日にも近い時計を出し、上りは12秒を切っていたことから、仕上がりは良好と見ていいだろう。鞍上はルメール騎手。

●東京芝1600m(牝馬限定)
パルティキュリエ(牝、キタサンブラック×エクセレンスU、美浦・田中博厩舎)
半兄レクセランス(現3勝、すみれS1着)、半姉エクセランフィーユ(3勝)。調教はウッドで5F70秒程度、終い重点に1F12秒を切るレベルの時計を2週連続で出している。「まだそこまで速いタイムは出していないが、格上の古馬と併せても互角以上の動き。半兄ら同様に芝向きのフットワークで軽さが目立つ」とは記者の話。鞍上はルメール騎手。なお10日のマイル戦に回る可能性もある。

ビヨンドザヴァレー(牝、イスラボニータ×リリーオブザヴァレー、栗東・橋口厩舎)
半兄ヴァンキッシュラン(青葉賞勝ち馬)、半姉リリーピュアハート(現3勝)。CW6F83秒1−67秒2−11秒9で、併せた相手に大きく先着。2週続けて水準レベルの時計は出ており、仕上がりは順調だ。鞍上は横山典騎手。

レーベンスベルーフ(牝、ハーツクライ×ライフフォーセール、美浦・黒岩厩舎)
半姉ダノンファンタジー(阪神JF勝ち馬)。調教はウッド6F81秒3−66秒4−12秒0 内目を回ったとはいえ、6F81秒台なら上々。兄姉6頭の多くはデビュー戦で上位に来ているが、勝ち星は無し。きょうだい初の新馬勝ちを決めたい。

プレザントロンドン(牝、ロードカナロア×ダイワエルシエーロ、美浦・斎藤誠厩舎)
母はオークス勝ち馬。おじグレーターロンドン(中京記念勝ち馬)、ビッグプラネット(重賞2勝)。坂路からウッド主体に変えて中身も向上。ウッド6F83秒1−67秒6−12秒6で、併せた相手に大きく先着している。

グレイウェザーズ(牝、キンシャサノキセキ×ダートムーア、美浦・西田厩舎)
母は4勝(交流GUエンプレス杯3着)。おじフラムドパシオン(5勝、UAEダービー3着)。血統的にはダートのイメージだが、まずは芝でスタート。調教は時計こそ目立たないものの、1週前は併せ馬で先着している。

オーグメントコード(牝、エイシンヒカリ×プライマリーコード、美浦・鈴木慎厩舎)
母は1勝。近親クロノジェネシス(宝塚記念2回などGT4勝)、ノームコア(ヴィクトリアマイル、香港CとGT2勝)。1週前はウッド5F70秒0−12秒5と大人しい内容だったが、2週前のウッドでは5F69秒0−11秒8と、1F12秒を切る時計で締めている。

●東京ダート1300m
アイノセンシ(牡、ドゥラメンテ×スターズアラインド、美浦・牧厩舎)
半姉テオレーマ(交流GTJBCレディスクラシック勝ち馬)、半兄ハーモニーマゼラン(現3勝)。1週前は坂路54秒2−12秒9だが、2週前は坂路52秒8−12秒5の好時計が出ている。なお、同週のダート1400mに回る可能性もある。

ニジュウダンサー(牝、ミッキーアイル×カクタスペア、美浦・尾関厩舎)
半姉ヴィータアレグリア(交流GV勝ち馬)。調教はウッド5F84秒8−67秒1−12秒4を余力十分にマーク。まだまだ時計を詰める余地はある。

●阪神芝1600m(牝馬限定)
トラミナー(牝、サトノダイヤモンド×サマーハ、栗東・藤原英厩舎)
半兄シャケトラ(GU3勝)、半姉モルジアナ(4勝)、ラスール(現2勝)。セレクトセール1億1000万円(税込)。1週前は終い重点だが、2週前はCW6F80秒0−64秒5−12秒1の好時計を楽にマーク。初戦から好勝負できる態勢にある。

デューデット(牝、モーリス×デニムアンドルビー、栗東・友道厩舎)
母は重賞2勝、GTジャパンC、宝塚記念ともに2着。1週前はポリトラックで6F70秒を切る時計。2週前はCWで5F70秒8−11秒6で、新馬のグランヴィノスに遅れたが、相手が悪かっただけで、終いの時計は出ている。「馬体は大き過ぎず、小さ過ぎずの標準。稽古はスピードに乗る際の加速が良く、マイルの適性は合うイメージ。友道厩舎だけに中距離まで保つかも」とは記者の話。鞍上は福永騎手。

レモンオーラ(牝、ハーツクライ×コッパ、栗東・須貝厩舎)
母は北米GV勝ち馬。半兄トゥードジボン(現2勝)。2週前のCWは5F67秒0−11秒6と好内容。1週前は坂路53秒3−12秒5と、デビューへ向けいい形で進んでる。鞍上は吉田隼人騎手。

●阪神ダート1800m
ヴァレーニュ(牡、ダイワメジャー×ギュイエンヌ、栗東・西村厩舎)
半兄オーヴェルニュ(重賞2勝)、ヴォージュ(7勝)。CW6F83秒0−67秒7−11秒9。時計は悪くないが、3頭併せで遅れている。活躍した2頭の兄は古馬になって大成しており、この馬も焦る必要はない。

ミッキーゴーゴー(牡、ドゥラメンテ×ポジティブマインド、栗東・音無厩舎)
母はアルゼンチンの2歳牝馬チャンピオン。坂路51秒7−13秒2で、併せた新馬に先着。終いはかかったが、51秒台で走れれば合格点だ。

◆10月9日

●東京芝2000m
フリームファクシ(牡、ルーラーシップ×ライツェント、栗東・須貝厩舎)
半姉ディアドラ(秋華賞、イギリスGTナッソーS勝ち馬)、半兄オデュッセウス(POG期間内にオープン特別2勝)、リューベック(現2勝、ニュージーランドT3着)。セレクトセール1億5400万円(税込)。調教はCW6F81秒5−66秒4−11秒7。厩舎の期待もかなり高いようで、先々まで注目。鞍上は川田騎手

サトノトルネード(牡、ハーツクライ×タイタンクイーン、美浦・国枝厩舎)
半兄ストロングタイタン(鳴尾記念勝ち馬)、ミラアイトーン(6勝)、半姉ギルデッドミラー(現3勝、NHKマイルC3着)。調教はウッド6F84秒9−67秒3−12秒0。「父譲りの幅のある馬体で、いかにもクラシックディスタンス向き。キャンターにいくと柔軟性を感じさせる動きで、バネのある弾むフットワーク。大物感が漂う1頭」とは記者の話。国枝厩舎ゆえに新馬戦は微妙に思えるが、兄姉4頭は全てデビュー勝ちをしており、初戦から好結果を期待したい。鞍上はルメール騎手。

ディアサクセサー(牡、モーリス×メジャーフォルム、栗東・松永幹厩舎)
母は3勝。近親ショウワモダン(安田記念勝ち馬)。調教はCW6F81秒2−65秒2−12秒2の好時計をマーク。2週前の坂路でも52秒8−12秒1と終いに速い時計を出しており、初戦から期待がもてる。

●東京ダート1600m
エプルシャージュ(牡、Justify×シャンパンルーム、美浦・木村厩舎)
母は北米GTブリーダーズCジュヴェナイルフィリーズ勝ち馬。ウッド6F83秒1−66秒7−12秒2で、古馬3勝クラスに遅れ。600キロを超える超大型馬で、まだ身体を持て余している面があるのだろう。鞍上はルメール騎手。

サンクメダイユ(牡、キズナ×サンクボヌール、美浦・田村厩舎)
母は2勝。半姉ストキャスティーク(現2勝)。調教はウッドコースが中心で、1週前は5F67秒4−12秒2。少しずつ時計も詰めている。鞍上は戸崎騎手。

●阪神芝1800m
ミスティックパワー(牡、サトノアラジン×ダーリング、栗東・新谷厩舎)
近親リトルアマポーラ(エリザベス女王杯勝ち馬)。ここ2週は横山典騎手が調教をつけ、1週前はCW6F81秒0−66秒6−12秒6の好時計をマークしている。

ツィスカリーゼ(牡、リオンディーズ×アンドリエッテ、栗東・牧田厩舎)
母はマーメイドS勝ち馬。近親ラーゴム(きさらぎ賞勝ち馬)。調教は、CW6F81秒7−67秒6−12秒3で、併せた2頭に先着している。

エドワーズクラウン(牡、サトノクラウン×ネオヴィクトリア、栗東・大久保龍厩舎)
母は2勝。近親ベッラレイア(フローラS勝ち馬、オークス2着)。2週前の坂路は平凡だったが、1週前はCW6F84秒1−68秒7−12秒0で併せた古馬に先着と、良化が窺える。

シテ(牡、エピファネイア×ラクアミ、栗東・石坂厩舎)
母は3勝。おじモンドキャンノ(京王杯2歳S勝ち馬)、カリボール(4勝)。調教はCW5F81秒7−66秒9−12秒4。併せて遅れたが、相手は古馬オープン馬。6F81秒台も出ており、中身は悪くない。鞍上は鮫島克駿騎手。

◆10月10日

●東京芝1600m
エピメテウス(牡、モーリス×リングネブラ、美浦・堀厩舎)
母は3勝。半兄ヴェイルネビュラ(現2勝、ジュニアC1着)、おじウェスタールンド(アンタレスS勝ち馬、チャンピオンズC2着)。調教はウッド6F82秒8−65秒4−11秒4。派手な時計を出すことが少ない堀厩舎だけに、この時計は速い。初戦から期待を賭けても良さそうだ。

●阪神芝2000m
グランヴィノス(牡、キタサンブラック×ハルーワスウィート、栗東・友道厩舎)
半兄シュヴァルグラン(ジャパンC勝ち馬)、半姉ヴィブロス(秋華賞、ドバイターフ勝ち馬)、ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル2勝)。調教はCW6F81秒9−66秒0−11秒5。因みに上り3Fの35秒9は記憶が正しければ、今年のデビュー前の馬のCW上り3Fの最速(因みに、これまでの3Fベストはオープンファイアの36秒0)。これでも、現状はまだまだ太いというのだから恐れ入る。きょうだい4頭目のGTウイナーへ、期待は高まるばかりだ。鞍上は川田騎手。

アッシュフォード(牡、ハーツクライ×ハーレクイーン、栗東・藤原英厩舎)
母はGTイギリスオークス3着、GTアイルランドオークス3着。2週前はCWで6F80秒を切る速い時計を出し、1週前はCW6F84秒0−68秒4−11秒6をマークしている。なお直前調教の内容によっては、デビューを1週伸ばす可能性もある。

ティムール(牡、キズナ×ホワイトローズU、栗東・中竹厩舎)
母は北米GV勝ち馬。調教はCW6F81秒5−67秒4−12秒1。2週前にもCW6F80秒をマークしており、脚力、仕上がりともに評価できる。


十時教官から久々の共通指名馬提案です!
流石に教官もこの馬を無視できないようです!

これでドンガバチョ1号の指名確定数に達したのでようやく1頭指名できましたw


ひろく〜ん。。。様、どもどもです。

ちょと不振につき謹慎していましたが
2戦目で3頭が勝ち上がったので復活w

キルクルPOG22~23 指名6号

◎グランヴィノス
牡2歳 青鹿毛

生年月日 2020年2月16日
調教師  友道康夫 (栗東)
馬主   佐々木主浩
生産者  ノーザンファーム
血統   父キタサンブラック
     母ハルーワスウィート

キタサン産駒のシュバルツには
すっかり騙されてしまいましたが
信頼の大魔神×友道×ハルーワなら
だいじょぶなんじゃないでしょうか
そろそろ新馬勝ち馬がほしいとこですw
posted by ひろく〜ん at 01:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月02日

泣きの勝負!!凱旋門賞2022予想!!

いやぁ、最近競馬難しすぎません?

まるっきり当たらないので泣きの勝負!!

とはいえ予想法がわからんのですが、、、
過去記事漁ったら一応最初に買ったときに万馬券当ててるんですね。

なので、その予想法でいきますか。。。


➀厩舎
凱旋門賞は基本名門厩舎が勝つことが多いですよね。
なので、わちきでも聞いたことある厩舎の馬が◎です。
◎ルクセンブルク
フランスでは泣く子も黙るエスプリ!オブライエン厩舎!
その中でもムーアに託すので厩舎1番馬はこの馬

A危ない馬
やはりこの位置は危険な人気馬枠としておきましょう。
○トルカータータッソ
買うなら去年でしたよねぇ。。。人気では飛ぶでしょう。。。


B血統
ここはよーわからんので名前で。。。
▲オネスト
フランケルにシーザスターズで知ってる知ってる。。。

C騎手
フランスリーディングは2016年は軽く1分ほど調べたけどよーわからなかったのでw
2015年のリーディングでみるとスミヨンなんですよね。もう一人いたけど、、、
△ヴァデニ
スミヨン!ヒジ打ちで19頭なぎ倒せ!!

D馬主
明らかに馬運に恵まれた馬主という人がいるでしょう。
△ドウデュース
キーファーズって意外と恵まれてると思うの。。。

Eレーティング
日本では馴染みの低いレーティングなるものから拾ってみたい。。。
キルトクールはタイトルホルダー
おお。びっくりこの馬が一番レーティング高いじゃん!キルトクール指名で応援だ!!

1
パリロンシャン4R馬連ボックス
6頭
02
11
15
17
19
20
15組

100円

1,500円
2
パリロンシャン4R3連複軸2頭ながし
02 − 20 − 5頭
01
11
15
17
19
5組

100円

500円

しかし、関ジャムやってる時間じゃん。。。
ああ、フジでやるのね。それなら見れる。。。
関ジャム11時半だった。。。よかった。。。

土砂降りwww
posted by ひろく〜ん at 22:26| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G1シーズン開幕!!!スプリンターズS予想!!

ああ、そか。開幕ということは、、、

単複王開幕ですね!!!

2022秋G1シリーズ第一弾スプリンターズS

うはは、もう30回目!!!だそうですよ!!
一回くらいしか優勝してない気がしてますが、、、w

今回はとったる!!


2021年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT
A 前走 セントウルS組 1着馬◎
B 年齢 4歳馬トップ。
C 
波乱の主役
D 内枠の先行馬
これが買えない
E 7歳以上
F 6枠
直前最終チェック
G 川田騎手要注意!
競馬の天才
H ミスプロの血が短距離チャンプに輝く!!
1 前走4角先頭馬を除く父ミスプロ系
2 斤量減の4歳馬 
3 前走道悪出走馬

2022年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT ほぼ1〜3人気で決着!穴党の出番はほとんどなし!
A 前走  セントウルS組で当日3人気以内○
B 騎手  岩田・デムルメ・川田騎手
C 
波乱の主役
D 3歳牝馬
これが買えない
E 460以下〜520以上×
F ローカナ産駒
直前最終チェック
G 11番鬼門
競馬の天才
H 波乱の使者はシルクロードからやってくる!
1 前走連対の牡馬
2 シルクロード覇者
3 牝馬 斤量減の4歳馬 

◎トゥラヴェスーラ
道悪の時は一息ですが、良馬場になれば決めてが活きる!
調教短評○のG1での345ゾーン馬となれば単でいける!!

○ナムラクレア
前走は鞍上がミスを認めている。この強さで恵斤量なら軸

▲ヴェントヴォーチェ
前走ランクはDで評価は低いが、不利があっての上り1位なら穴でねらって悪くない。
調教短評も〇

△メイケイエール
前走は恵まれた内容で今回は抑えでいい

△タイセイヴィジョン
前をとらえ切れない今回は中山の急坂がなんとかしてくれるかも。
調教短評△でおさえ

キルトクールはナランフレグ
春の覇者だが秋もと連覇するほどの実力馬ではないでしょう。。。

1
01 15 10 04 11 1口 100円

1
中山(日)11R馬連ボックス
6頭
06
09
10
11
12
13
15組

100円

1,500円
2
中山(日)11R3連複軸2頭ながし
09 − 11 − 5頭
06
12
13
15
16
5組

100円

500円
posted by ひろく〜ん at 13:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月01日

毎年悲喜こもごも。。。シリウスS予想!!

昨年の記事を見てみたら、、、

一昨年は石原さとみの結婚
昨年は櫻井翔&相葉雅紀の結婚
今年は、、、円楽と猪木の訃報。。。

猪木は名言もたくさんあるし、色んな人に影響を与えた人でしたねぇ。。。
二人とも70代ですか。。。
あと20年くらいか。。。ほんと人生生きてるだけで丸儲けですなぁ。。。




2021年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT
A 前走 JRAダート重賞組
B ハンデ 57キロ以上でも○
C 年齢 3歳馬トップ。高齢馬苦戦
波乱の主役
D 斤量減の53キロ〜55キロ
これが買えない
E 馬体増減なし
F 関東馬
直前最終チェック
G 和田竜要注意!!
競馬の天才
H 距離実績を活かしてダート界の新星になれ!
1 前走地方の2000出走馬
2 父か母父ミスプロ 
3 馬番6番以内

2022年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT トップハンデ不振 高齢馬も侮れないものの大波乱までは
A 前走  BSN賞組 1着当日2人気以内なら○
B ハンデ 52キロ以下は×
C 騎手  幸・和田竜騎手
波乱の主役
D 3勝クラス
これが買えない
E 前走重賞1着馬
F 松山騎手騎乗馬
直前最終チェック
G 1・2・7枠要注意
競馬の天才
H 特異な1900戦で距離巧者が輝きを放つ!
1 前走重賞で1人気の3〜4歳馬
2 休養明け馬
3 距離延長馬 

◎ハセドン
前走のポカは出遅れが全て厳しい流れの古馬のレースなら通用する。

○ハビ
345ゾーンの人気馬で軸

▲レーヌブランシュ
地方では345ゾーン連発の馬ですがJRAでは厳しそう。
しかし、調教短評△なので目をつぶって穴

△バーデンヴァイラー
調教短評○で抑え

△サンライズホープ
幸だしリピータで抑え

キルトクールはハヤブサナンデクン
名前からしてすんなり重賞で通用するタイプには見えない。。。

1
中京(土)11R馬連ボックス
6頭
02
05
08
12
14
16
15組

100円

1,500円
2
中京(土)11R3連複軸2頭ながし
08 − 14 − 5頭
02
05
11
12
16
5組

100円

500円
posted by ひろく〜ん at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実弾キルトクールPOG22-23】【キルトクールPOGオンライン22-23】連絡帳その18

今年もあと3か月、、、は、早くね。。。

最近思うのは、日本って創価学会と統一教会の2大聖教の支配下に置かれている状況???

すげーな宗教って。。。


先週の実弾キルトクールPOGは1勝

たくへ〜厩舎 エゾダイモン

わちき関連馬 なし

前年度の残りPOGでも重賞制覇で、こちらも未勝利脱出と大暴れ。。。


先週のキルトクールPOGオンラインは2勝

教官です厩舎 エゾダイモン
狐厩舎   バロッサヴァレー


わちき関連馬 なし

首位にヒラケン厩舎が!!

今週はどうでしょうか。。。
ダノンタッチダウン
ベルビューポイント
ロードマンハイム
マルクパージュ

このへんでしょうか。。。

◆10月1日

●中山芝1600m
オルフェスト牝、オルフェーヴル×ユールフェスト、美浦・池上厩舎)
母は2勝。半姉フィルムフェスト(2勝)。調教はウッド5F68秒4−11秒7。「父の産駒らしく気の強さは伺えるが、今のところコントロールが利く範囲内。稽古は気性を考慮して馬なり中心だが、楽な手応えでスピード感あり、弾ける動き。攻め通りなら初戦から面白い」とは記者の話。鞍上は横山武騎手。

アマソナ(牝、ルーラーシップ×ルージュクール、美浦・高柳瑞厩舎)
半兄オタルエバー(現3勝、重賞3着2回)。1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)は、ウッド5F68秒1−11秒6と終いは上々。しかもオープンのトウシンマカオと併入しているのだから、期待は高まる。

ゲラウィン(牝、リアルスティール×アドマイヤマリン、美浦・宮田厩舎)
半兄アドマイヤロブソン(4勝)、アドマイヤダイオウ(若葉S1着)。2週前までは軽めだったが、1週前は坂路53秒3−12秒3と終いもしっかり伸びている。これなら初戦から動けそうだ。鞍上は丹内騎手

 
●中山ダート1200m
オメガシンフォニー(牝、ヘニーヒューズ×クレーデリンテ、美浦・大和田厩舎)
おばヌーヴォレコルト(オークス勝ち馬)。調教はウッドで5F67秒8−12秒2。外目をまわって負荷もしっかりかかっている。

●中京芝1600m
ダノンタッチダウン(牡、ロードカナロア×エピックラヴ、栗東・安田隆厩舎)
半兄ダノンザキッド(現3勝、ホープフルS勝ち馬)、半兄ミッキーブリランテ(現5勝、重賞2着2回)、セレクトセール2億6400万円(税込)。2週前にCW5F67秒4−11秒2の好時計。1週前は6F82秒0−66秒7−11秒8で、スプリンターズS出走予定のダイアトニックを追走して少差遅れたが、GT有力馬を相手に、これだけやれれば十分だ。「兄同様に弟も見栄えのする筋肉質の好馬体。追い切りは時計も動きも文句なし。父が替わってよりスピードと前進気勢が増して、適性はマイル以下に出そうな印象がある」と記者の話。鞍上は福永騎手。

ベルビューポイント(牝、キタサンブラック×ドバウィハイツ、栗東・高野厩舎)
半姉リバティハイツ(フィリーズレビュー勝ち馬)、半兄ランドオブリバティ(現3勝、きさらぎ賞3着)。2週前の坂路で51秒8−12秒5の好タイム。1週前も53秒8−12秒2。元は中距離デビューを予定していたが、坂路の時計、動きからスピードに長けたタイプと見て、マイル戦でのデビューとなったようだ。兄姉は早くから結果を出している馬が多く、本馬も初戦から期待大だ。鞍上は吉田隼騎手。

レッドラグラス(牡、リオンディーズ×アイスパステル、栗東・中内田厩舎)
近親バーディバーディ(交流含む重賞2勝)。2週前は坂路で52秒4−12秒5、1週前はCW6F82秒7−67秒5−11秒9でともに併せ馬で遅れてしまったが、時計自体は水準レベルをクリアしている。鞍上は藤岡佑騎手。

●中京ダート1800m
ロイガヴェーグル(牡、サトノアラジン×レジェンドトレイル、栗東・浜田厩舎)
半兄アドマイヤジャガー(4勝)、ウエルカムニュース(現3勝)、おばシンコウラブリイ(マイルCS勝ち馬)、ハッピーパス(京都牝馬S勝ち馬)。9月15日の坂路で50秒7の好時計をマークし、脚力は見せている。鞍上は鮫島克駿騎手。

アスターチェンチ(牡、パイロ×スターヒューモア、栗東・中竹厩舎)
半兄アスターマリンバ(現4勝)、アスターソード(交流GU兵庫ジュニアグランプリ2着)。坂路53秒2−12秒6と水準に近い時計は出ている。活躍した兄2頭はともにダートが主戦場。本馬もダートからスタートする。鞍上は福永騎手。

◆10月2日

●中山芝1800m
アマレロフレイバー(牡、キンシャサノキセキ×レディパッション、美浦・久保田厩舎)
近親シーキングザベスト(武蔵野S勝ち馬)。9月18日日曜日にウッド5F67秒1−11秒6をマーク。22日木曜日にもウッド5F67秒5−13秒0と積極的に攻めており、初戦勝ちへ向け意欲満々だ。

フェザーモチーフ(牡、ハーツクライ×オーサムフェザー、美浦・武井厩舎)
半兄スーパーフェザー(現4勝、重賞3着2回)。ウッド5F68秒3−12秒2。時計は目立たないが、動きは悪くないようだ。先日、衝撃的なデビューを果たした同僚ハーツコンチェルトに続きたい。鞍上は菅原明騎手。

●中京芝2000m
ロードマンハイム(牡、ロードカナロア×ワイルドココ、栗東・友道厩舎)
母はイギリスの重賞ウイナー。全姉ヴェルトハイム(現3勝)。CW6F83秒9−68秒1−11秒4をマーク。終いの時計を詰めており、確実に上向いている。「友道厩舎らしくウッドチップで長めをビシビシと攻められている。古馬オープン馬との併せ馬でも食らいついており、ラスト1ハロンも上がり11秒台を連発。水準値以上にあることは間違いない」とは記者の話。鞍上は和田竜騎手。

マルクパージュ(牝、ハービンジャー×ディープストーリー、栗東・斉藤崇厩舎)
母は2勝。半兄ビーマイオーシャン(現平地2勝、障害1勝)。CW6F84秒3−68秒9−12秒2。調教ではかかるところを見せていたようだが、それでも終いは12秒2で上がっている。鞍上は今村騎手。
posted by ひろく〜ん at 08:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

キリンカップ日本VSアメリカ戦!!神戸新聞杯予想!!

久々に日本代表戦をちゃんと見た。。。
1.5倍とか隣のTVで2番組同時録画とかでは見ていましたが、
今回は時間帯も相手もちょうどいいという感じのアメリカ戦ということで楽しめました。

対コスタリカ戦という意味では成功ではありましたけど、、、
前田と久保って相変わらず得点の匂いがしない選手ではあります。

鎌田はようやく吹かさないシュートを打つFWという印象ですが、シュートもうちょっと頑張れ。
堂安は相変わらず吹かすどや顔
日本の戦術は伊藤&三苫ということがはっきりした一戦でもあり、それをドイツ・スペインに封じられたら勝ち目は無いなという印象

CKの精度・FKの精度が皆無なので他に得点源が無い。。。
鎌田がもうちょっとシュート上手くなればちょっと救いがある。
あとDFは相当不安。吉田は大丈夫かい?


2021年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT
A 前走 ダービー馬は負けない
B 馬体重 460〜480○
C 騎手 ルメール◎武豊×
波乱の主役
D キャリア3〜5戦
これが買えない
E 母父サンデー系
F 中3週以内出走馬
直前最終チェック
G 5人気全滅
競馬の天才
H キングマンボとトニービンの血が騒ぐ!
1 前走ダービー4着以内馬
2 父か母父キングマンボ 
3 前走上り最速


2022年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT 前走上位人気のダービー組は鉄板!穴なら1勝クラス
A 前走  ダービー組で前走1〜3人気
B 血統  ディープ産駒
C 騎手  ルメ・デム・福永
波乱の主役
D 1勝クラス
これが買えない
E 460キロ以下
F 休み明け5戦以上
直前最終チェック
G 1番と13番が死に枠
競馬の天才
H 1勝クラス連対馬が余勢を駆ってもう一丁!
1 前走ダービー3着以内馬
2 前走1勝クラス連対馬 継続騎乗
3 トニービンの血 

◎ジュンブロッサム
前走ランクBで調教短評○なら十分単

○パラレルヴィジョン
前走ランクはAで調教短評○で軸

▲アイキャンドウィ
調教短評△でディープ産駒で穴に一考

△ジャスティンパレス
POG最上位オーナーの持ち馬で調教短評△で抑え

△ボルドグフーシュ
調教短評○で抑え

キルトクールはプラダリア
ダービーで345ゾーン馬ですが調教短評がーで危ない人気馬

1
05 05 06 07 04 1口 100円

1
中京(日)11R馬連ボックス
6頭
02
07
11
12
14
15
15組

100円

1,500円
2
中京(日)11R3連複軸2頭ながし
11 − 12 − 5頭
01
02
05
07
15
5組

100円

500円
posted by ひろく〜ん at 12:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IHクッキングヒーター逝く!!オールカマー予想!!

今日は先日壊れたIHクッキングヒーターの取り換え日。。。

最近高額家電が続々と壊れてきていて非常に痛い。。。

我が家行きつけの家電家ジョーシンにて下記のIHクッキングヒーターを購入
あんまし選択肢もないので一番安い奴ですが、取付工事費込みで8万円。。。
本体7万1600円 の工事費8400円に10年保証。。。

価格ドットコムで最安値6万8千円。。。
三菱電機(MITSUBISHI) CS-G30M

まぁまぁ、保証込みで考えれば普通の値段ですかね。。。
初代が15年持ったのでこいつも15年くらい頑張ってほしいところ。。。



2021年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT
A 前走 宝塚記念組◎
B 前走 海外G1組も好成績 着順不問
C 年齢 4〜5歳中心
波乱の主役
D 休養明けの前走2000
これが買えない
E 7歳以上
F OP・条件戦
直前最終チェック
G 牝馬でG1連対馬○
競馬の天才
H 前走の勢いを信頼!内枠穴馬をオールマーク!!
1 前走重賞で1〜3着馬○
2 ステゴ系
3 馬番6番以内○


2022年度版重賞競争データBOOK
攻略POINT 上位人気とG1組がとにかく強い!
A 前走  宝塚記念組の4人気以内
B 牝馬  4歳馬なら連対率60%
C 枠番  1枠・2枠が連対率上位
波乱の主役
D 休み明けのG3馬
これが買えない
E 新潟記念組
F 7歳以上の高齢馬
直前最終チェック
G 中5週以内馬は×
競馬の天才
H 距離ロス少ない内枠を引いた馬が穴をあける!
1 前走460キロ以上の牝馬
2 馬番6番以内
3 ステゴ系 

◎ジェラルディーナ
このメンツに入れば一枚落ちは否めないものの、
好枠を引いて牝馬で4歳馬調教短評も〇で目をつむって単

○デアリングタクト
調教短評○で前走Bランクの345ゾーン馬で軸

▲キングオブドラゴン
穴なら前付けできて調教短評○の345ゾーン馬で穴

△ヴェルトライゼンデ
◎にとも思ったが調教短評△で少々日和って抑え

△ソーヴァリアント
調教短評○だが長期休養明けでは抑えが精いっぱい

キルトクールはテーオーロイヤル
調教短評○の345ゾーン馬で抑えてもいいもののこのメンツでこのジョッキーでは心もとない、、、

1
中山(日)11R馬連ボックス
6頭
02
04
05
08
10
11
15組

100円

1,500円
2
中山(日)11R3連複軸2頭ながし
02 − 08 − 5頭
01
04
05
10
11
5組

100円

500円
posted by ひろく〜ん at 11:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【実弾キルトクールPOG22-23】【キルトクールPOGオンライン22-23】連絡帳その17

あああ、しまった。。。
遅れてしまいました。。。

3連休だったり、明日休みにして4連休にしたことにより感覚がおかしくなってしまってました。。




先週の実弾キルトクールPOGは1勝

やえの厩舎 ラスハンメル

わちき関連馬 ファンネルマーク  7着

流石高レベル新馬で3着のラスハンメルが余裕の勝利!


先週のキルトクールPOGオンラインは2勝

もんすけ厩舎  ハーツコンチェルト
もんすけ厩舎  ヒップホップソウル

わちき関連馬 なし

超ド級の勝ち方を見せたハーツコンチェルトを見事もんすけ厩舎がゲット!

今週はコントレイルの下のインタクト
スワーヴリチャードの下のバロッサヴァレー

この2頭が有力でしょうか。。。


◆9月24日

●中山芝1600m
ザングウィル(牡、Dandy Man×Zaaqya、美浦・大竹厩舎)
半姉ワンヴォイスはイギリスGTナッソーS2着。1週前調教(以降も調教は主に1週前のもの)はウッド6F81秒2−66秒9−11秒7。内目を回ったとはいえ全体時計は速く、終いも11秒台で締めている。

●中山ダート1800m
カミノモラド(牡、ロードカナロア×クリスプ、美浦・矢野厩舎)
半兄ダノンファラオ(現5勝、交流GTジャパンダートダービー勝ち馬)。先週のダート1800m戦の話もあったが、1週延ばしてデビュー予定。ウッド5F68秒0−11秒8と、内目をまわったこともあり、時計そのものは詰まってきている。

●中京芝1400m
エルディアナ(牝、ハービンジャー×エルディアマンテ、栗東・渡辺厩舎)
おばディアデラマドレ(重賞3勝)、おじドレッドノータス(重賞2勝)、ディアデルレイ(JRA7勝、マーチS2着)、サンマルティン(6勝、小倉記念2着)、カウディーリョ(5勝)。CW6F80秒3−64秒8−12秒0で、3頭併せで最先着を果たしている。馬体重が400キロ前後なので、当日のパドックもしっかりチェックしたい。鞍上は鮫島克駿騎手。

ルクルス(牡、ハーツクライ×チリエージェ、栗東・松永幹厩舎)
半兄ハクサンムーン(重賞3勝、GT2着2回)。1週前の中京芝1200mという話も聞いていたが、芝1400m戦でのデビューとなった。調教は坂路56秒6−12秒3。2週前はCWでCW5F68秒4−12秒4をマークしている。鞍上は武豊騎手。

●中京ダート1400m(牝馬限定)
ハンベルジャイト(牝、ジャスタウェイ×ココシュニック、栗東・大久保龍厩舎)
母は3勝。半兄ステファノス(富士S勝ち馬、GT2着3回)、半姉フィニフティ(クイーンC2着)。CW6F82秒6−68秒2−12秒3。併せた相手に遅れてしまったが、6F82秒台と時計は水準レベルのものは出ている。鞍上は福永騎手。

セラドナイト(牝、Mendelssohn×セラドン、美浦・木村厩舎)
半兄コパノキッキング(カペラS2回など、交流含む重賞4勝)。おじモエレジーニアス(函館2歳S勝ち馬)。ウッド5F68秒8−11秒8で、古馬1勝クラスと併入している

◆9月25日

●中山2000m
ポーラライツ(牡、サトノクラウン×オーロラエンブレム、美浦・宮田厩舎)
おばウィクトーリア(フローラS勝ち馬)、おじブライトエンブレム(札幌2歳S勝ち馬)、アストラエンブレム(7勝、重賞2着2回)。調教は、ウッド6F83秒6−66秒9−11秒8。「前向きで反応が良く、仕掛けてからの加速は上々。コンパクトで軽さがあり、馬体も比較的シャープ。芝適性を感じさせる作りで、マイルから中距離向き」と記者の話。鞍上は川田騎手。

エコロマーベリック(牡、ハーツクライ×スターシップトラッフルズ、美浦・加藤征厩舎)
母は北米GT勝ち馬。半兄スペースクラフト(3勝)。セレクトセール1億4850万円(税込)。ウッド6F83秒2−67秒5−12秒2。2週前にも近い時計を出しており、デビューへ向けしっかり負荷はかけられている。

サトノシトラス(牡、サトノダイヤモンド×ルルパンブルー、栗東・池江厩舎)
母はフェアリーS勝ち馬。半兄ライラックカラー(平地5勝、障害1勝)。CW6F82秒8−67秒1−11秒5。新馬のシルヴァーアーマーに遅れたが、時計は出ている。

●中山ダート1200m
メイデンタワー(牝、ドレフォン×アゼリ、美浦・稲垣厩舎)
母はGTを11勝し、アメリカの年度代表馬にも輝いた名牝。半兄シルヴァンシャー(4勝、京都大賞典3着)、ロイカバード(4勝、重賞3着2回)。ウッド5F67秒8−11秒9で古馬1勝クラスに先着している。鞍上は横山武史騎手。

●中京芝2000m
シルヴァーアーマー(牡、マクフィ×リボンフラワー、栗東・池江厩舎)
母は1勝。おじダノンプラチナ(朝日杯FS勝ち馬)。池江泰寿調教師の父である池江泰郎元調教師の持ち馬。1週前はCW6F82秒0−66秒4−11秒3で、3頭併せで最先着。2週前にもCWで6F80秒を切る好時計をマークし、調教は目立っている。「スピードと切れがあり、ウッドチップでは好調教を連発。距離がどこまで保つかだが、稽古から判断するにスピード能力は間違いなく高い」と現地記者の話。鞍上はルメール騎手。

ダノンクロム(牡、ハーツクライ×セデュイールU、栗東・音無厩舎)
母は北米GU勝ち馬。1週前は芝で6F81秒台、2週前は坂路で51秒4−13秒3と速い時計をマークし、初戦勝ちへ向け意欲は十分だ。「追い切りは坂路、芝で実戦並みの好時計。気性的にタメて切れるイメージはないが、前進気勢が強く、スピードで押していくタイプか」と記者の話。鞍上は和田竜騎手。

バロッサヴァレー(牝、ハーツクライ×ピラミマ、栗東・高野厩舎)
全兄スワーヴリチャード(ジャパンC、大阪杯勝ち馬)、バンドワゴン(きさらぎ賞2着)。坂路54秒1−12秒0で、古馬1勝クラスに先着。終いの12秒0は目立っており、レースでも末脚に注目したい。鞍上は北村友騎手。

マラマ(牝、Dubawi×Amour Briller、栗東・松永幹厩舎)
母は交流重賞6勝。半姉ルーチェット(現2勝)。調教はCW6F81秒0−66秒8−11秒7の好タイムをマークし、初戦から好勝負できる態勢にある。鞍上は武豊騎手。

●中京ダート1200m
カンフーダンス(牝、シャンハイボビー×オリエンタルダンス、栗東・平田厩舎)
母は3勝。おじタイセイシュバリエ(ユニコーンS3着)。坂路53秒0−12秒2と2週前と比べても時計を大きく詰めており、新馬戦勝ちに向け上昇中だ。鞍上は坂井騎手。
posted by ひろく〜ん at 08:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする