2024年02月17日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その34

今週は暖かい週でなにより!
先々週が大雪なのでふり幅凄いですねー。。。



【近起行動】
新NISAをやる。
POG馬紹介を終わらせる

【次無買馬】
ゼルトザーム  5走は追いかけること。。。
アーバンシック 3走は追いかけること。。。

先週の実弾キルトクールPOGは1勝

ひろく〜ん厩舎 クイーンズウォーク

わちき関連馬
クイーンズウォーク
GV デイリー杯クイーンC 1着

先週のキルトクールPOGオンラインは2勝

ひろく〜ん厩舎 クイーンズウォーク
ヒラケン厩舎 ジャスティンミラノ

GV共同通信杯とクイーンC

わちき関連馬
クイーンズウォーク
GV デイリー杯クイーンC 1着

今週は全ての勝利が重賞制覇となりました!
しかもどちらもわちきの指名馬ということで、やはり天才ですねw

しかし、ジャスティンミラノの指名には恐れ入りました。。。
前評判あんまりなかったと記憶しているのですが、、、
お見事です!

これで実弾で僅差で1位に!
オンラインではヒラケン厩舎がジャンプアップ!
1〜3位軍団と4〜6位軍団7〜8位軍団の3グールプが僅差で入れ替わり立ち代わりですね。


posted by ひろく〜ん at 08:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月10日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その33

今週は図らずも4連休になったおかげでPOG馬紹介も無事終了。。。
そして、来週もまた4連休!!やほっ!!



【近起行動】
新NISAをやる。
POG馬紹介を終わらせる

【次無買馬】
ゼルトザーム  5走は追いかけること。。。
アーバンシック 3走は追いかけること。。。

先週の実弾キルトクールPOGは0勝

わちき関連馬
なし


先週のキルトクールPOGオンラインは1勝

ぽち中忍厩舎 ウインマクシマム

わちき関連馬
なし

ウインマクシムは実弾でも獲ろうか迷った馬でしたなぁ。。。
やはり、松岡の目に狂いはなかったか。。。

posted by ひろく〜ん at 08:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月03日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その32

十二国記を読み始めた人の感想が投稿されざわつくオタクたち→トレンド入りで公式や書店も盛り上がる

去年くらいから十二国記を読み始めてるので、この記事は凄く共感がもてて楽しいw
職場のトイレでしか読まないから全然進まないw



【近起行動】
新NISAをやる。
POG馬紹介を終わらせる

【次無買馬】
ゼルトザーム  5走は追いかけること。。。
アーバンシック 3走は追いかけること。。。

先週の実弾キルトクールPOGは2勝

やえの厩舎 クォーツァイト
15番厩舎 グラヴィス

わちき関連馬
なし

関係ないけど6戦連続の2着ルディック凄いぃぃぃ。。。
指名した15番さんすごいぃぃぃ。。。


先週のキルトクールPOGオンラインは1勝

ひろく〜ん。。。厩舎 グラヴィス

わちき関連馬
グラヴィス 1着

大器グラヴィスがハナ差勝利!大器、、、なんだろうか。。。

posted by ひろく〜ん at 08:09| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月27日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その31

【近起行動】
新NISAをやる。
POG馬紹介を終わらせる

【次無買馬】
ゼルトザーム  5走は追いかけること。。。
アーバンシック 3走は追いかけること。。。

最近わちきの備忘録用のメモとなっております。競馬とPOGブログ。。。
とりあえず寝かしてる資金で新NISAをやろう。。。
あとPOG馬紹介もそろそろ終わらせないとね。。。

先週の実弾キルトクールPOGは0勝


わちき関連馬
なし


先週のキルトクールPOGオンラインは1勝

ヒラケン厩舎 ロクシアス

わちき関連馬
なし

先週と今週もたぶん重賞とかないのでほぼ動きなさそうですねー。
なので、なんか他の事終わらせておかないとね。。。
posted by ひろく〜ん at 10:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月20日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その30

昨日のイラク戦は驚いた。。。。
普通に完敗してた。。。
イラク強いじゃん。。。

まぁ、負けていいところで負けるのはまだ全然いいけどね。。。



【次無買馬】
ゼルトザーム  5走は追いかけること。。。
アーバンシック 3走は追いかけること。。。


先週の実弾キルトクールPOGは1勝


ビーン厩舎  ヘデントール

わちき関連馬
ドゥマイシング 9着

ドラ@の迷走続く。。。


先週のキルトクールPOGオンラインは1勝

ぽち中忍,厩舎 ヘデントール

わちき関連馬
なし

2位3位が僅差!!

posted by ひろく〜ん at 07:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月11日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その29

次回無条件で買う馬=通称【次無買馬】

あまりにも馬券が当たらないので、人気度外視でレースにて次回無条件で買う馬を忘れないように記しておくことにした。。。
すぐ忘れちゃうんでねぇ。。。

【次無買馬】
ゼルトザーム 5走は追いかけること。。。



先週の実弾キルトクールPOGは1勝


るどるふ厩舎 サンディブロンド

ビーン厩舎 ラヴスコール 3着

わちき関連馬
なし

ビーン厩舎が2週連続で重賞好走で4位まで浮上!!さすが魔王!!

先週のキルトクールPOGオンラインは0勝



わちき関連馬
なし

こちらは動きなし!

posted by ひろく〜ん at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月30日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その28

早いもんで今年の競馬が終わりましたね〜。
それに伴い今年のPOGも終わって来年から折り返しとなります!

今年のPOGを首位で折り返した人は誰だったでしょうか!


先週の実弾キルトクールPOGは2勝


ひろく〜ん厩舎 クイーンズウォーク
やえの厩舎 レガレイラ

ビーン厩舎 シンエンペラー 2着

わちき関連馬
クイーンズウォーク 1着
ドゥマイシング  12着
ドゥマイシング   7着

やえの厩舎がレガレイラよろしく末脚一閃で首位で折り返し!


先週のキルトクールPOGオンラインは2勝

ひろく〜ん厩舎 クイーンズウォーク
狐厩舎 レガレイラ

ぽち中忍,厩舎 シンエンペラー 2着

わちき関連馬
クイーンズウォーク 1着

こちらは、狐厩舎が一瞬首位にたちましたが、、、
ドンガバチョ1号が、ワープで首位にw

posted by ひろく〜ん at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月23日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その27


本日はフットサル!!
今年最後ですので、ケガしないように頑張ります!

そして、そのあとは有馬検討会が久々に復活!!
今年の有馬は13万5千円の大勝負!!
なんとかそろそろ特大大当たり!!

先週の実弾キルトクールPOGは2勝

たくへ〜厩舎 ソウルアンドジャズ
へきうん厩舎 シンドリームシン

わちき関連馬
なし

朝日杯は2番人気シュトラウスを出走させたのですが、、、



先週のキルトクールPOGオンラインは1勝

もんすけ厩舎  ソウルアンドジャズ

わちき関連馬
なし

こちらも状況は似たような感じです。
上から下まで差が重賞2勝くらいなので大逆点もありえる状況です!
今年どこまで伸ばせるか・・・

posted by ひろく〜ん at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月16日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その26

今月も暖かい日が続いていて嬉しい限りです。。。
先週は2歳牝馬G1でしたけど、結果を見ていきましょう!!

先週の実弾キルトクールPOGは1勝

ひろく〜ん厩舎 アスコリピチェーノ


わちき関連馬

アスコリピチェーノ 1着
コルレオニス 2着
クイックバイオ 13着

先週はなんと指名馬がG1制覇を果たしました!!
エフフォーリアの皐月賞以来ですから、3年ぶりですかねぇ。。。
阪神JFはハープスターとサトノレイナスの2着が今まで最高でしたから念願の制覇です!!
しかも、 チェルヴィニアとい大将格を残して勝ったという点はでかかったです!

ですが、馬券は何一つ取れなかった、、、なんでじゃ。。。

コルレオニスの2着はまたすごいハナ差だなぁ、、、っと超僅差のハナ差負け大杉やしませんかね?


先週のキルトクールPOGオンラインは2勝

狐厩舎        ヴィレム
教官ですです厩舎  ストーンズ

わちき関連馬
なし

こちらはG1で4着のサフィラ持ちの2厩舎が、新馬戦勝ちも合わせて2位、3位!
2位と1位の差はわずかです!

さて、今週は牡馬の2歳G1戦!どうなりますか!!
posted by ひろく〜ん at 09:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月09日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その25

毎年恒例の価格.comのプロダクトアワード2023が発表されましたね。
わちき的にはこの発表が最も今年がもう終わるんだ感が強い行事ですね。。。

まだ細かく見てはないですが、後で楽しもうかと思います。。。



先週の実弾キルトクールPOGは1勝

るどるふ厩舎 エリカエスティーム


わちき関連馬

アルテアシップ7着

今週も大きく動きなしですが、今週から2歳G1ですからどーなりますやら。。。

先週のキルトクールPOGオンラインは1勝

ぽち中忍,厩舎     ウインマクシマム

こちらはトップのぽち中忍厩舎が未勝利戦勝ちでトップ固め!

さてさて、ほぼほぼみんな指名は終了しているようですが、、、
十時教官さんから共通指名提案ですw

ひろく〜ん。。。様、どもどもです。

お待たせしていないとは思いますけど
ラストの1頭よーやく出てきました。

キルクルPOG23~24 指名10号

◎ストーンズ
牡2歳 栗毛

生年月日 2021年2月9日
調教師  友道康夫 (栗東)
馬主   エムズレーシング
生産者  ノーザンファーム
血統   父ドゥラメンテ
     母ジェイウォーク

その昔『競馬100の質問』って
流行りましたね。その時の設問で
「馬主だったら馬名は何にします?」
私の答は「ストーンズ」だったのです。
これは問答無用で逝かねばならない運命。
そーは言っても3億円馬、イケるでしょうw


わちき関連馬
なし

◆12月9日

●中山芝1600m
シンバーシア(牝、ロードカナロア×スウィートリーズン、美浦・国枝厩舎)
半兄ディアスティマ(目黒記念2着)。1週前調教(以降も時計は、主に1週前の追い切りのもの)はウッド6F83秒6−11秒8。「成長を促して時間をかけ、デビューは12月に。軽いフットワークで芝向き。追い切りはセーブ気味でも、小気味よい動きで時計も水準以上」と記者の話。鞍上はマーカンド騎手。

ルージュラフェリア(牝、ミッキーアイル×レッドラフェスタ、美浦・尾関厩舎)
母は3勝。追い切りはウッド6F84秒1−12秒0。5Fでは66秒3の好時計をマークしている。鞍上は北村宏騎手。

ドリーミーデイ(牝、Le Havre×デインドリーム、美浦・久保田厩舎)
母は凱旋門賞など欧州G1を5勝。追い切りは坂路53秒5−13秒5。デビューまでに、もう少し時計を詰めていきたい。鞍上は田辺騎手

●中山ダート1800m
トーセンレスター(牡、マインドユアビスケッツ×ケアレスウィスパー、美浦・加藤征厩舎)
半兄トーセンバジル(香港ヴァーズ3着)、おじトーセンジョーダン(天皇賞・秋勝ち馬)、トーセンホマレボシ(京都新聞杯1着、日本ダービー3着)。ウッド6F85秒3−12秒2と時計はそこまで目立たないが、追い切りの内容から、まだまだ詰められる余地はある。

フィッツジェラルド(牡、イスラボニータ×ワイルドフラッパー、美浦・新開厩舎)
母は交流重賞3勝。1週前はウッド6F86秒6−11秒8と全体時計は遅めだが、2週前はウッド6F84秒2−11秒9と水準レベルに近い時計は出ている。鞍上は大野騎手。

●阪神芝1400m
クワイトポッシブル(牝、レイデオロ×オールポッシブル、栗東・小崎厩舎)
母は5勝、アイビスサマーダッシュ3着。2週前はCW6F83秒5−11秒6と終いに上々の時計を出し、1週前はCW6F81秒8−12秒2と、全体時計が目立っている。なお翌日の阪神マイル戦に回る可能性もある。

シャインズオンユー(牡、サトノクラウン×フローラルダンサー、美浦・青木厩舎)
母は2勝。4代母は、ベテランPOGファンには懐かしいダイナシュガー(桜花賞トライアル・4歳牝馬特別勝ち馬)。1週前はウッド6F85秒9−12秒1だが、2週前はウッド6F83秒9−12秒2、5Fでは66秒8と水準レベルの時計はクリアしている。鞍上は岩田康騎手。

◆12月10日

●中山芝1800m
リュケイオン(牡、モーリス×リカビトス、美浦・奥村武厩舎)
母(4勝)はデビューから3連勝し、G1にも出走。おばコルコバード(5勝)もG1に出走している。追い切りはウッド6F83秒0−11秒5、5Fでは66秒0の好時計をマークしている。鞍上は石川騎手。

チザルピーノ(牡、ドレフォン×マローブルー、美浦・堀厩舎)
母は4勝で、3度出走した重賞競走全てで掲示板に載っている。調教はウッド6F82秒5−11秒6の好時計をマークし、初戦から好勝負を期待したい。

●阪神芝2000m
ヤングスカーレット(牡、サトノアラジン×スカーレット、栗東・杉山晴厩舎)
半兄アドミラブル(青葉賞勝ち馬、日本ダービー3着)、半姉エスポワール(ターコイズS2着)、おじヴィクトリー(皐月賞勝ち馬)、リンカーン(GT2着3回)。時計はCW6F81秒6−11秒7。

「ウッドチップ長めからビッシリと追われており、動きも時計も上々。兄アドミラブルは2400mで好成績を残したが、こちらは父が替わって1600〜2000mあたりが適性か」と記者の話。鞍上はムルザバエフ騎手。

ストーンズ(牡、ドゥラメンテ×ジェイウォーク、栗東・友道厩舎)
母は北米G1を2勝、アメリカ2歳チャンピオン。セレクトセール3億3000万円(税込)。1週前までに速めの追い切りを3本消化し、CW6F82秒台、1F11秒台半ばの時計を2度マークと、仕上がりは良さそうである。鞍上はモリス騎手。

●阪神芝1600m
ウィズアリープ(牝、ドゥラメンテ×アタブ、栗東・杉山晴厩舎)
全兄ルガル(重賞2着2回)。1週前の坂路53秒0−12秒4も上々だが、特に2週前の坂路52秒3−12秒1は優秀だ。

「初の追い切りとなった11月22日(2週前追)は、厩舎のオープン馬ガイアフォースに食らいつく動き。攻め不足でもあれだけ動けるあたりに、非凡な能力を感じさせる。兄同様に短距離志向が強そう」と記者の話。鞍上はルメール騎手。

チルカーノ(牝、ハービンジャー×アロマティコ、栗東・高野厩舎)
母はG1で3着2回。半兄ジオグリフ(皐月賞勝ち馬)。時計は坂路56秒3−12秒5。全体は目立たないが、終いは12秒5。高野厩舎はこれくらいの時計で結果を残している馬もいるので心配ない。鞍上はムルザバエフ騎手。

ミスズサンダスノー(牝、サンダースノー×スズカローラン、栗東・長谷川厩舎)
半兄スズカデヴィアス(新潟大賞典勝ち馬)、半姉レイホーロマンス(愛知杯2、3着)。時計は坂路53秒9−12秒0。坂路で上り1F12秒ジャストは評価できる。

ウィップスティッチ(牝、スワーヴリチャード×メンディド、栗東・庄野厩舎)
母は北米G1で2着。半姉ポリーフォリア(2勝)。2週前は坂路53秒4−12秒1、1週前はCW6F81秒7−11秒9と、違うコースでともに好内容の追い切りをこなしている。鞍上はデムーロ騎手。

●中京ダート1400m
マサレエトワール(牝、Mendelssohn×ヴァイブランス、栗東・安田翔厩舎)
母はブリーダーズCジュヴェナイルフィリーズ3着。2週前は坂路52秒6−12秒8、1週前はCW6F84秒5−11秒7をマークしている。
posted by ひろく〜ん at 08:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月02日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その24

寒いですねぇ。。。
いきなり暖かいところから一気に寒くなるので余計寒く感じますね。。。
12月とあと今年も一か月!!!元気で駆け抜けましょう!!


先週の実弾キルトクールPOGは3勝

へきうん厩舎 ゼーゼマン
たくへ〜厩舎 ショウナンハウル
ビーン厩舎 シンエンペラー

わちき関連馬

なし

魔王ビーン厩舎が重賞ゲットもまだ最下位!!


先週のキルトクールPOGオンラインは4勝

ひろく〜ん。。。厩舎   ヤマニンアストロン
教官ですです厩舎    アマンテビアンコ
ぽち中忍,厩舎     シンエンペラー
Pochi厩舎      ショウナンハウル


わちき関連馬
ヤマニンアストロン  1着
モンテレオン 13着

こちらは、ぽち中忍,厩舎が重賞ゲットで1位まできました!
わちきはヤマニンの大物ゲットで大満足!


◆12月2日

●中山芝1200m
キングズブレス(牡、Kingman×インピード、美浦・木村厩舎)
おじReefscape(フランスG1勝ち馬)。1週前調教(以降も追い切りの時計は、主に1週前のもの)は、火曜日と金曜日にウッド5F70〜71秒台の時計を出している。

「デリケートな面があり、1週前の追い切りは周りに馬が少ない火曜日に行った。折り合いを重視して抑え気味だけど、馬体は目立ち、素質はかなり高そう」と現地記者の話。鞍上はビュイック騎手。なお翌日の中京芝1400m戦にまわる可能性もある。

●中山ダート1800m
グローリーワン(牡、ワールドエース×クイーングラス、美浦・和田雄厩舎)
半兄オールパルフェ(デイリー杯2歳S勝ち馬)。1週前はウッド6F83秒9−11秒8。5Fでは66秒1の速い時計が出ている。追い切り本数も多く、仕上がりは他馬以上に進んでいるイメージだ。

チャンスメーカー(牡、ジャスタウェイ×パーフェクトチャンス、美浦・上原佑厩舎)
半兄ワイルドカード(ベテルギウスS1着)。ウッド6F82秒5と全体も速いが、特に上り2Fの11秒7−11秒5は評価したい。

ペクトラル(牡、アルアイン×マチカネタマカズラ、美浦・中舘厩舎)
母はクイーンC3着。半兄アンダープロット(3勝)、半姉アルコレーヌ(3勝)。2週前はウッド6F85秒台だったが、1週前はウッド6F82秒7−12秒0と時計も詰まってきている。鞍上はマーカンド騎手。

●阪神芝2000m
コレギウム(牡、キズナ×エディン、栗東・池江厩舎)
全姉アブレイズ(フラワーC勝ち馬)。3週連続でCW6F82〜83秒台と速めの時計を3連発。1週前は上りが少々かかってしまったが、2、3週前は1F11秒台で上がっている。

◆12月3日

●中山芝2000m
ウェックスフォード(牡、オルフェーヴル×ララア、美浦・高木厩舎)
全姉サラス(マーメイドS勝ち馬)、セラピア(4勝)、半姉シャムロックヒル(マーメイドS勝ち馬)。「追い切りを始めたころは目立たなかったけど、ジョッキーを乗せた1週前追い切り(ウッド6F83秒1−11秒6)が上々。力強く脚を伸ばし、これまでと比べても劇的に変化。血統馬らしく水準以上の動きを見せている」と記者の話。鞍上は菅原明騎手。

パシフィックハイツ(牝、レイデオロ×パシフィックギャル、美浦・武井厩舎)
母は重賞2着2回。おじサトノソルタス(重賞2着2回)。1週前もウッド6F83秒6−12秒2と終いは12秒を切れていないが、全体時計は悪くない。

●中山ダート1200m
スターシャワー(牝、Bated Breath×シャイニングパス、美浦・古賀慎厩舎)
近親シュネルマイスター(NHKマイルC勝ち馬)。週毎に時計を詰め、1週前はウッド6F82秒8−12秒2と水準レベルまで来ている。

●阪神芝1600m
マイノワール(牡、マインドユアビスケッツ×チカノワール、栗東・笹田厩舎)
母は3勝。おじプリンスミノル(3勝)。追い切りは坂路中心で、1週前は52秒3−12秒7の好時計をマークしている。

●中京芝1400m
インクルージョン(牡、ハーツクライ×インクルードベティ、美浦・堀厩舎)
母は北米G1勝ち馬。調教時計はウッド6F83秒5−11秒3。「予定していた東京のデビューを伸ばして、しっかり乗り込み、入念な調整。1週前追いは3頭併せでビシビシ追われ、ハードなメニューを消化。好時計をマークしており、素材としては間違いなさそう」と記者の話。鞍上はモレイラ騎手。

アルトゥーム(牡、モーリス×ブロンシェダーム、栗東・藤岡厩舎)
祖母スリープレスナイト(スプリンターズS勝ち馬)。CW6F83秒3−11秒3の好タイムをマークしている。鞍上はムルザバエフ騎手。

レッドスウィング(牡、ハービンジャー×ディヴァインハイツ、栗東・池江厩舎)
おばリバティハイツ(フィリーズレビュー勝ち馬)。11月25日の京都芝1400m戦を予定もアクシデントがあって回避し、ここへまわる予定。追い切りはCW6F82秒7−11秒7。

「この血筋らしくスピーディーで、回転数の速さがうかがえる走法。父の適性なら中距離以上だが、母系が強く出ている印象で、活躍の場はマイル以下になりそう」と記者の話。鞍上は松山騎手。
posted by ひろく〜ん at 09:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月25日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その23

G’zOne TYPE-Xというガラホを昨年購入して、よーしあと15年は使うぞー!!
っと思っていたのですが、、、

タブレットが壊れた影響の諸事情で、なんとiPhone 14に機種変することになってもうた。。。
ぐぬぬぬ、ソフトバンク&アップル嫌いのわちきがなんでこんな目に、、、orz

とりあえず電話帳の登録件数が0件になりました。。。





先週の実弾キルトクールPOGは2勝

15番厩舎 シュトラウス
やえの厩舎 ステレンボッシュ

たくへ〜厩舎シュバルツクーゲル 2着

わちき関連馬

なし

15番局長とたくへー厩舎で重賞ワンツーフィニッシュ!!しかも9000円馬券!!
いつも買うのに買わないとこーなるといういい見本。。。

重賞勝ったのにまだ順位はブービーなのが怖いところですw


先週のキルトクールPOGオンラインは5勝

教官ですです厩舎  ロードフォアエース
ヒラケン厩舎    ジャスティンミラノ
ぽち中忍,厩舎    シュトラウス
15番厩舎      ステレンボッシュ
ヒラケン厩舎    ステレンボッシュ

わちき関連馬
ザブライド  4着

こちらはぽち中忍厩舎が重賞勝ちで2位まで上昇!!上位3人のトップ争いが激化!!

今週は当たりがあるはずなので選ぶ予定です!

ヤマニン軍団好きなわちきは調教抜群のヤマニンアストロンいっときます!!

◆11月25日

●東京芝1600m
コンテネレッツア(牝、エピファネイア×アドマイヤセプター、美浦・宮田厩舎)
全姉スカイグルーヴ(重賞2着3回)、半兄デシエルト(リステッドレース2勝)、レガトゥス(3勝)。1週前調教(以降も調教は、主に1週前の追い切り)は、ウッド6F84秒6−11秒8。

「気性的に難しさのある血統。そのあたりを考え追い切りはセーブ気味だが、それでも能力の高さが動きや品の良さから溢れ出ている。クラシックに乗せたい良血馬」と記者の話。鞍上はルメール騎手。

メトロポリターナ(牡、Masar×Golden Globe、美浦・木村厩舎)
母は5勝でG1にも出走。近親プレミアムサンダー(京都4歳特別2着)。1週前は芝で追われ5F67秒台の時計だが、ウッドでは水準をクリアする時計を複数出しており、仕上がりは進んでいる。

ゼーゼマン(牡、エピファネイア×ロッテンマイヤー、美浦・林厩舎)
母は忘れな草賞1着。近親ブエナビスタ(G1を6勝)。坂路55秒1−12秒5と全体時計は遅いが、終いは12秒半ばで締めている。鞍上はマーカンド騎手。

●京都芝1400m
グランテレーズ(牝、シュヴァルグラン×アドマイヤテレサ、栗東・渡辺厩舎)
母は5勝。半兄アドマイヤラクティ(豪州G1コーフィールドC勝ち馬)、アドマイヤジャスタ(函館記念勝ち馬)。CW6F83秒1−12秒2と全体時計は水準レベルにある。鞍上は松山騎手。

ヤマニンアストロン(牡、ディーマジェスティ×ヤマニンアタシャン、栗東・石橋厩舎)
母は2勝。調教時計はCW6F84秒8−11秒2。特に終い2Fの11秒4−11秒2は優秀だ。

グローブアマランス(牝、ドゥラメンテ×グランディフローラ、栗東・中尾厩舎)
母は2勝。近親エクセラントカーヴ(京成杯AH勝ち馬)。2週前までは坂路中心も、1週前はCWで追われ6F84秒0−12秒1が出ている。鞍上は浜中騎手。

◆11月26日

●東京芝1800m
モンテレオン(牡、スワーヴリチャード×セレスタ、美浦・尾関厩舎)
母はアルゼンチンG1勝ち馬。半姉ヴァレーデラルナ(JBCレディスクラシック勝ち馬)、ハーパー(クイーンC勝ち馬、オークス2着)。ウッド6F83秒1−11秒7。5Fは66秒2と速い時計が出ている。鞍上はビュイック騎手。

アルシミスト(牡、オルフェーヴル×ミセスワタナベ、美浦・木村厩舎)
母は新馬勝ち。おばTap for Luck(北米G2で3着)。ウッド6F83秒5−12秒3の時計が出ている。「オルフェーヴル産駒らしく、フットワークはパワフル。ダート色が強い母系の影響か少し硬めに映るけど、芝が駄目な印象はない」と記者の話。鞍上はルメール騎手。

ウォータースケイプ(牡、ダイワメジャー×オープンウォーター、美浦・宮田厩舎)
母は北米G2勝ち馬。ウッド6F84秒8−11秒6と終いに速めの時計が出ており、2週前より良化がうかがえる。鞍上はマーカンド騎手。

ナイトアウェイ(牡、ハーツクライ×イブニングジュエル、美浦・手塚厩舎)
母は北米G1を2勝。ウッド6F83秒9−12秒1。ここ2週は古馬オープンや3勝クラスの馬と併せており、期待の高さも感じられる。鞍上は川田騎手。

●東京ダート1600m
ララマセラシオン(牡、カリフォルニアクローム×ララプリムヴェール、美浦・大竹厩舎)
母は2勝。おじゴールデンブレイヴ(4勝)、近親ダークシャドウ(重賞2勝、天皇賞・秋2着)。1週前はウッド6F82秒4−12秒0、2週前にはウッド6F81秒3の好時計が出ている。

●京都芝1800m
デュランヴェリテ(牡、キズナ×ルミエールヴェルテ、栗東・中竹厩舎)
全兄キメラヴェリテ(交流G3北海道2歳優駿勝ち馬)、全姉アリスヴェリテ(アルテミスS3着)、半兄リアンヴェリテ(JRA7勝、地方1勝)。1週前は坂路52秒8−12秒3。11月1日の時点で坂路52秒3の時計が出ており、仕上がりは早そうだ。なお同日のダート1800m戦に出走の可能性もある。

フェロニエール(牝、ドゥラメンテ×ココシュニック、栗東・高野厩舎)
半兄ステファノス(富士S勝ち馬、G1で2着3回)、半姉フィニフティ(クイーンC2着)。坂路56秒0−12秒5と全体は平凡だが、終いは悪くない。鞍上は西村淳騎手。

●京都ダート1800m
ダンツドール(牝、ホッコータルマエ×エアブライス、栗東・四位厩舎)
おばオウケンビリーヴ(交流G3クラスターC勝ち馬)、近親トゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯勝ち馬)。CW6F84秒4−11秒4と終いに上々の時計をマークしている。
posted by ひろく〜ん at 07:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月18日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その22

先週の実弾キルトクールPOGは0勝

わちき関連馬

クイーンズウォーク 2着

1倍台で2着というのはわちきの専売特許。。。


先週のキルトクールPOGオンラインは1勝

Pochi厩舎  アルセナール

わちき関連馬
クイーンズウォーク 2着
ダノンキラウェア 9着

またしても木村厩舎の牝馬が新馬勝ち!!

今週こそ牡馬の大物仕留めたいところ!
十時教官から共通指名馬提案!!

ひろく〜ん。。。様、どもどもです。

牝馬2騎で暫定首位、女子選び得意かもw

キルクルPOG23~24 指名9号

◎サトノギフテッド
牡2歳 芦毛

生年月日 2021年4月13日
調教師  池江泰寿 (栗東)
馬主   里見治
生産者  ノーザンファーム
血統   父サトノダイヤモンド
     母ウィキッドリーパーフェクト

サトダイから大物でるか・・
池江さんならという気もしつつ
やっぱビミョーな懸念は残りつつ
走ってみらんことには・・てことで
ここはアナ狙いで逝ってみましょうかw


名前といい厩舎といい騎手といい大物候補なんですけどね。。。
馬主がねーw

わちき的にはアスタラビスタなんていい名前な感じがしてます。。。
シヴァースの馬主運に乗っかってもいいかもですかねー。。。


◆11月18日

●東京芝2000m
サトノギフテッド(牡、サトノダイヤモンド×ウィキッドリーパーフェクト、栗東・池江厩舎)
半兄ハートレー(ホープフルS勝ち馬)。セレクトセール1億2650万円(税込)。1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)はCW6F82秒1−11秒2。終い2Fの11秒1−11秒2は優秀だ。

「池江厩舎らしく、ウッドチップで長めの追い切りを重ねている。父譲りの瞬発力があり、いかにも芝の中長距離で良さそうなタイプ。クラシックに乗せたい器」と記者の話。鞍上はモレイラ騎手。

ジャスティンミラノ(牡、キズナ×マーゴットディド、栗東・友道厩舎)
母はイギリスG1勝ち馬。半姉ミッションインパッシブルは北米G1で2着。 調教はCW6F84秒4−11秒2。先週と比べても内容はアップしており、レースへ向け更に前進したい。鞍上はムーア騎手。

ヘデントール(牡、ルーラーシップ×コルコバード、美浦・木村厩舎)
母は5勝。近親エンシェントヒル(オープン特別4勝)。ウッド6F83秒4−11秒8と2週前に比べ時計を詰めており、上昇はうかがえる。鞍上はルメール騎手。

ジュレブランシュ(牝、ドゥラメンテ×ブランネージュ、美浦・林厩舎)
母はフローラS2着。調教は坂路を中心に1週前は4F54秒4−12秒4が出ている。鞍上は戸崎騎手。

●東京芝1600m(牝馬限定)
バロネッサ(牝、ロードカナロア×マルケッサ、美浦・田中博厩舎)
半兄ドゥラエレーデ(ホープフルS勝ち馬)、おじサトノダイヤモンド(有馬記念、菊花賞勝ち馬)。調教はウッド6F82秒7−11秒8。「牝馬ながら大きく、パワフルな好馬体。2歳戦向きではないものの、動かすとスピードがあり、力強さも感じられる。距離は2000mまでなら射程範囲かな」と記者の話。鞍上はムーア騎手を予定。

●京都ダート1400m(牝馬限定)
フクノパピヨン(牝、アジアエクスプレス×マトゥリアルカ、美浦・堀内厩舎)
半兄ケンシンコウ(レパードS勝ち馬)。11月12日の東京ダート1300m戦を除外し、ここへ回ることを検討。2週前はウッド5F66秒3の好時計、1週前はウッド5F67秒5−12秒3が出ている。

◆11月19日

●東京芝1400m
シンドリームシン(牡、キズナ×アルビアーノ、栗東・武幸厩舎)
母は重賞2勝、NHKマイルC2着。半姉アヴェラーレ(関屋記念勝ち馬)。セレクトセール1億3750万円(税込)。調教はCW6F86秒2−11秒2。終い重点とはいえ、1F11秒2は評価できる。

イラーナ(牝、Palace Malice×イリーサ、美浦・林厩舎)
母はアルゼンチンG2勝ち馬。坂路をメインに1週前は54秒8−12秒1と速い上り時計をマークしている。鞍上は津村騎手。

グロッシェン(牡、ニューイヤーズデイ×キャットコイン、美浦・宮田厩舎)
母はクイーンC勝ち馬。ウッド6F82秒9−11秒5と全体、ラストの時計ともに上々だ。鞍上は横山武騎手。

●東京ダート1600m
ブレスワード(牡、ニューイヤーズデイ×チアズメッセージ、美浦・中舘厩舎)
半兄クリプトグラム(目黒記念勝ち馬)、プレファシオ(昇竜S1着)、半姉ビオフラフィー(北九州短距離S1着)。ウッド6F87秒8−11秒5と全体は遅いが、終いの時計は悪くない。鞍上はマーカンド騎手。

フクチャントウメイ(牡、ストロングリターン×スタートアップ、美浦・加藤征厩舎)
半兄オメガギネス(4戦3勝、レパードS2着)。ウッド6F84秒0−11秒8の時計をマークしている。

●京都芝2000m
アスタラビスタ(牡、キズナ×ペイヴド、栗東・新谷厩舎)
母は北米G2勝ち馬、G1で2着。2週前のCW6F82秒台も上々だが、1週前はCW6F80秒7−12秒と更に速い時計をマークしている。

アドマイヤテラ(牡、レイデオロ×アドマイヤミヤビ、栗東・友道厩舎)
母はクイーンC勝ち馬、オークス3着。半姉アドマイヤラヴィ(3勝)。調教はCW6F83秒8−11秒6。3頭併せで遅れたようだが、終いの時計は悪くない。

●京都芝1600m
シヴァース(牡、モーリス×ヴィブロス、栗東・友道厩舎)
母は秋華賞、ドバイターフ勝ち馬。おじシュヴァルグラン(ジャパンC勝ち馬)、おばヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル2勝)。CW6F79秒1−11秒8と、6F80秒を切る好時計をマーク。晩成のイメージが強い一族だが、これだけの時計を出せるのなら新馬戦から行けそうだ。鞍上はムーア騎手。

バーケンティン(牡、ロードカナロア×リーチング、栗東・平田厩舎)
おばピーピングフォーン(英愛でGT4勝)、おじザウェイユーアー(フランスG1勝ち馬)。CW6F81秒1−12秒7と終いはかかったが、全体時計は優秀だ。鞍上は北村友騎手。

エルミラージュ(牡、アルアイン×エラクレーア、栗東・池江厩舎)
母は未勝利も、9戦して2着が5回。CW6F82秒7−11秒4の好時計をマークしている。鞍上はモレイラ騎手。
posted by ひろく〜ん at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月11日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その21


ようやく寒くなってきましたけど。。。
まぁ、寒くなったら寒くなったでやっぱりいやですねw



先週の実弾キルトクールPOGは1勝

ビーン厩舎  シンエンペラー

わちき関連馬
アルテアシップ 3着
クイックバイオ 7着
アウェイキング 2着
ハミング    4着

だぁ、、、最低1勝はもくろんでいたのですが、、、
全滅。。。ハミングは調教凄かったらしいのだが、、、


先週のキルトクールPOGオンラインは2勝

ぽち中忍,厩舎  シンエンペラー
ヒラケン厩舎  ボーモンド

わちき関連馬
ハミング    4着

藤田晋オーナーの高馬が久しぶりに新馬勝ち!

今週いれて後3週で3頭選んでいきたいところ。。。


◆11月11日

●東京芝1800m
ワイマング(牡、アルアイン×レディオブヴェニス、栗東・池江厩舎)
半兄アクションスター(毎日杯2着)、ヴェネト(5勝)、レインフロムヘヴン(4勝)。1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)はCW6F82秒4−11秒7。「大柄で見栄えのする好馬体。抜群に切れるというよりは、父同様にパワフルなスピード持続型か。稽古の動きは優に水準値を超える」と記者の話。鞍上はモレイラ騎手。

サツキノジョウ(牝、レイデオロ×マルシアーノ、美浦・武井厩舎)
母は3勝。半姉エリカヴィータ(フローラS勝ち馬)、おじキンシャサノキセキ(高松宮記念2勝)。セレクトセール1億120万円(税込)。ウッド6F81秒3−12秒2の好タイムをマークし、デビュー勝ちへ向け前進している。

バードウォッチャー(牡、ブラックタイド×アパパネ、美浦・国枝厩舎)
母はG1を5勝。半姉アカイトリノムスメ(秋華賞勝ち馬)、半兄ジナンボー(新潟記念2着2回)、ラインベック(重賞3着2回)。ウッド6F82秒6−12秒1と、時計は水準レベルをクリアしている。鞍上はルメール騎手。

ルージュグレイシア(牝、ドゥラメンテ×ドライヴンスノー、美浦・高柳瑞厩舎)
半姉ルージュスティリア(中京記念2着)。調教はウッド6F84秒0−12秒1をマークしている。鞍上は横山武騎手。

●東京芝1600m(牝馬限定)
アルセナール(牝、エピファネイア×サンブルミューズ、美浦・木村厩舎)
母は芙蓉S1着。半姉ナミュール(重賞2勝、秋華賞2着)、ラヴェル(アルテミスS勝ち馬)、半兄ヴェスターヴァルト(ファルコンS3着)。調教はウッド6F82秒4−12秒4。

「馬なり中心の調整だけど、その気になれば楽々時計は出そうな手応え。この血統らしく距離はマイル前後かな」と記者の話。鞍上はルメール騎手。

ダイタジェネシス(牝、ドゥラメンテ×イシス、美浦・中川厩舎)
全姉ドゥーラ(重賞2勝、オークス3着)。調教はウッド6F85秒2−12秒0。6Fでは遅く感じるが、5Fは66秒5と速めの時計が出ている。

パロサント(牝、ロードカナロア×パララサルー、美浦・国枝厩舎)
母はオープン特別を2勝。おじタンタアレグリア(アメリカJCC勝ち馬)。1週前はウッド6F83秒7−12秒3。2週前には坂路52秒9をマークしている。鞍上は三浦騎手。

●京都芝1800m
ログラール(牡、モーリス×ディアデラマドレ、栗東・松永幹厩舎)
母は重賞3勝。半姉クラヴェル(エリザベス女王杯3着)、おじドレッドノータス(重賞2勝)。調教はCW6F81秒4−12秒2の好タイムが出ている。

「1週前はウッドチップで長めから実戦並の追い切り。古馬を大きく追走する形で、最後まで脚色は衰えることなくフィニッシュ。この血統らしい気持ちの強さも伺える」と記者の話。鞍上はマーカンド騎手。

●京都芝1600m
クイーンズウォーク(牝、キズナ×ウェイヴェルアベニュー、栗東・中内田厩舎)
半兄グレナディアガーズ(朝日杯FS勝ち馬)。夏にデビュー予定も態勢が整わず延期。立て直した効果もあり、調教は6F84秒5、2Fは11秒5−11秒2と、終いがかかった夏季とは段違いの時計をマーク。活躍した兄同様、早くからの活躍を望める。鞍上は川田騎手。なお同日の芝1800m戦に出走の可能性もある。

ローガンパス(牡、サトノアラジン×トレジャーステイト、栗東・奥村豊厩舎)
半兄ピースオブエイト(毎日杯勝ち馬)。2週連続CW6F87秒台、5F70〜71秒台と遅めだが、終いはしっかり脚を伸ばし、2週前は1F11秒2の速い時計を出している。鞍上はムーア騎手。

ルージュリリカル(牝、エピファネイア×レッドセシリア、栗東・杉山晴厩舎)
母は阪神JF3着。おじレッドセインツ(新潟2歳S3着)。CW6F82秒0−11秒4と、全体、終いともに好時計が出ている。鞍上は岩田望騎手。

●福島芝2000m
グランレーヴシチー(牡、シュヴァルグラン×ホワイトヴェール、美浦・栗田厩舎)
半兄チェスナットコート(日経賞2着)。ウッドで追われ、6Fは84秒1だが、5Fでは64秒6の好時計をマークしている。

ホウオウダイアン(牝、ブリックスアンドモルタル×レーヌドブリエ、美浦・高柳瑞厩舎)
半兄アヴニールドブリエ(2勝)。祖母メジロドーベル(G1を5勝)。ウッド6F82秒9−11秒7と水準をクリアする時計が出ている。

クラッシファイド(牡、リアルスティール×シークレットスパイス、美浦・黒岩厩舎)
母は北米G1勝ち馬。1週前はウッド6F83秒4−12秒0、2週前はウッド6F82秒4と速めの時計が出ている。

リアルビギニング(牡、リアルスティール×ゴジップガール、美浦・牧厩舎)
母は米G1勝ち馬。半兄チャックネイト(4勝)、半姉サトノディード(4勝)。調教はウッド6F85秒1−12秒1をマークしている。鞍上は佐々木騎手。

◆11月12日

●東京芝1600m
ノーブルロジャー(牡、Palace Malice×Noble Ready、栗東・吉岡厩舎)
おじWestern Aristocrat(米G1勝ち馬)。元々動きも目立っていたようだが、11月4日のCWでは6F81秒7−11秒5の好時計をマークし、評価は更に上昇している。鞍上は石川騎手。

ワオン(牡、ジャスタウェイ×サトノアイビス、美浦・武藤厩舎)
おじカイザーバローズ(4勝)、おばグランスラムアスク(4勝)。1週前はウッド6F86秒3−11秒5と上り1Fは上々、2週前はウッド6F81秒7の好タイムを出している。

●東京ダート1300m
フクノパピヨン(牝、アジアエクスプレス×マトゥリアルカ、美浦・堀内厩舎)
半兄ケンシンコウ(レパードS勝ち馬)。調教はウッド6F83秒9−11秒9、5Fは66秒3と上々の時計が出ている。

●京都芝2000m
アドミラルシップ(牡、ゴールドシップ×ヴィーヴァブーケ、美浦・相沢厩舎)
半姉ライラック(フェアリーS勝ち馬、エリザベス女王杯2着)、半兄ブラックホール(札幌2歳S勝ち馬)。ウッド6F82秒6−11秒6で、2週前の時計も速く、仕上がりは良さそうだ。

●京都ダート1400m
ペイシャスペシャル(牡、マクフィ×ペイシャフェリス、栗東・角田厩舎)
母はオープン特別2勝。おばペイシャフェリシタ(キーンランドC3着)。1週前は坂路53秒0−12秒3、2週前は坂路52秒9−12秒6と水準レベルの時計は出ている。
posted by ひろく〜ん at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月04日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その20

いやぁ、昨日は暑かったですね〜。。。
歩いてるだけで汗でてきました。。。
来年から衣替えは12月ですかねぇ。。。


先週の実弾キルトクールPOGは2勝

ひろく〜ん厩舎 チェルヴィニア
るどるふ厩舎  シトラール


わちき関連馬
チェルヴィニア 1着
エリカリーシャン 7着

流石!チェルヴィニア!!圧倒的強さ!!
しかし、わちきの陣営は稼いでいるのは牝馬ばかり。。。


先週のキルトクールPOGオンラインは4勝

ひろく〜ん。。。厩舎  チェルヴィニア
教官ですです厩舎    チェルヴィニア
ひろく〜ん。。。厩舎  ジオセントリック
15番厩舎        ジオセントリック


わちき関連馬
チェルヴィニア    1着
ジオセントリック    1着

チェルヴィニアのおかげで3位に浮上!!
そして、教官ですです厩舎はトップに浮上!!
久々に牡馬の新馬勝を自模った!!
結構強い勝ち方だったのでクラッシックに期待!

さて、そんな教官から共通指名提案です!

ひろく〜ん。。。様、どもどもです。

キルクルPOG23~24 指名8号

◎フレミングフープ
牝2歳

生年月日 2021年1月20日
調教師  友道康夫 (栗東)
馬主   金子真人ホールディングス
生産者  ノーザンファーム
血統   父ハーツクライ
     母シーズアタイガー

牝馬はチェルヴィニアでOK
・・という噂もあるんですけど
ハービンジャー仔は3歳になって
裏切ってくる傾向ありなんですよね。
ってとこで、もう1頭だけ逝っときます。
ほんとに欲しいのは牡馬の大物候補ですw


この血統は人気ありますけど、意外と大物にならない印象。。。
なので、わちきはキセキの妹が物凄い調教しているということで、、、そちらを、、、
たくへー厩舎のキルトクール馬なので大物かもかも。。。


◆11月4日

●東京芝1800m
バンビーノデオーロ(牡、オルフェーヴル×ハウメア、美浦・鹿戸厩舎)
母は5勝。おばシャドウディーヴァ(府中牝馬S勝ち馬)。1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)は、ウッド6F86秒2−11秒5。「先々距離はマイル以下がメインになるかもしれないけど、現状は制御も利いている。スピード感があり、走りの回転数も速い」と記者の話。鞍上はモレイラ騎手を予定。

トゥルーサクセサー(牡、モーリス×ブロンズテーラー、美浦・高木厩舎)
おじサウンドトゥルー(交流含むG1・3勝)、アナザートゥルース(交流含む重賞2勝)、ルールソヴァール(佐賀記念勝ち馬)。2週前はウッド6F83秒9−11秒8、1週前はウッド6F85秒5−11秒8と、ともに余力を持って1F11秒台を出している。

●東京ダート1600m
アッシュルバニパル(牡、Arrogate×Georgies Angel、美浦・田中博厩舎)
全兄ケイヴロック(北米G1を2勝)。OBSマーチセールで、吉田勝己氏が105万ドルの高額で落札した馬。坂路の調教も好内容だったが、1週前は初めてウッドで追われ6F81秒5−11秒9と、こちらのコースでも好時計をマークしており、初戦から好勝負できそうだ。

インテルメディオ(牡、ドレフォン×メリーウィドウ、美浦・栗田厩舎)
母は4勝。半姉ジュディッタ(4勝)。2週前のウッドで1F11秒4の速い時計、1週前はウッド6F84秒2−12秒3をマークしている。鞍上はモレイラ騎手。

●京都芝1600m
ディフェリ(牝、Mendelssohn×Heavenly Romance、栗東・松永幹厩舎)
母は天皇賞・秋の勝ち馬。半兄アウォーディー(JBCクラシック勝ち馬)、ラニ(UAEダービー勝ち馬)、半姉アムールブリエ(交流重賞6勝)。調教は坂路55秒5−12秒8。

「まだ目一杯には追われていないが、良血馬らしい雰囲気のある馬体の作り。母の産駒はダート色が強いが、軽さも感じさせる走りだけに芝も走る可能性あり」と記者の話。鞍上は鮫島駿騎手。

キーパフォーマー(牝、キタサンブラック×アンコールピース、栗東・佐々木厩舎)
近親スクリーンヒーロー(ジャパンC勝ち馬)、3代母はダイナアクトレス、4代母はモデルスポートと社台グループゆかりの血統。調教はCW6F83秒3−11秒7と水準レベルの時計は出ている。鞍上は松若騎手。

●福島芝1200m
イスラアズール(牡、イスラボニータ×ラズールリッキー、美浦・武井厩舎)
母は福島2歳S1着。調教はウッド6F85秒8−11秒6と、終いに速い時計が出ている。

◆11月5日

●東京芝1400m
フォルスタクラス(牡、リオンディーズ×ダラニ、美浦・上原厩舎)
近親は先日種牡馬入りしたナランフレグ(高松宮記念勝ち馬)。調教はウッド6F82秒3−11秒9と水準レベルはクリアしている。

●京都芝2000m
ハミング(牝、ブリックスアンドモルタル×ブリッツフィナーレ、栗東・中内田厩舎)
半兄キセキ(菊花賞勝ち馬、G1で2着4回)、半姉ビッグリボン(マーメイドS勝ち馬)。調教はCW81秒6−11秒1。全体が速いうえに、終いが11秒1は秀逸。成長力の高い血統で、先々まで楽しみだ。

ミスタージーティー(牡、ドゥラメンテ×リッスン、栗東・矢作厩舎)
半姉タッチングスピーチ(ローズS勝ち馬)、半兄サトノルークス(菊花賞2着)。調教は6F83秒5−11秒7。その前には6F81秒台を2連発している。兄姉から2歳戦向きではないが、仕上がり具合を見ると、初戦から走れそうだ。鞍上は坂井騎手。

シグネチャーセント(牡、リオンディーズ×アドマイヤアロマ、栗東・橋口厩舎)
母は2勝。おじアドマイヤスコール(3勝)。調教はCW6F83秒6−12秒1と全体時計は悪くない。鞍上は鮫島駿騎手。

●京都芝1600m(牝馬限定)
フレミングフープ(牝、ハーツクライ×シーズアタイガー、栗東・友道厩舎)
半兄ダノンザタイガー(東京スポーツ杯2歳S2着)。セレクトセール2億9700万円(税込)。調教はCW6F86秒9−10秒9。終い重点とはいえ、10秒9は出色のタイムをマーク。

「瞬発力は非凡。スラリとした品のある体つきで、血筋からも中距離まで問題なくこなせるだろう」と記者の話。友道厩舎−金子真人HDのラインで、要注目の一頭だ。鞍上は藤岡康騎手。

ソルセルリ(牝、ロードカナロア×ペイドメルヴェイユ、栗東・安田隆厩舎)
母は4勝。近親ヴィクトワールピサ(国内外でGT3勝)。調教はCW6F82秒0−11秒8をマーク。2週前から大きく時計を詰めている。鞍上は横山和騎手。

●福島ダート1700m
デルマヴェーダ(牡、イスラボニータ×デルマサリーチャン、美浦・菊沢厩舎)
母は3勝。坂路52秒5−12秒3は水曜日の2歳馬2番時計。2週前のウッドでも6F82秒9−11秒7と、好調教を連発している。
posted by ひろく〜ん at 05:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月28日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その19

10月に入ってから首位にたってはいるものの、
毎週首位陥落の危機だったのだが、、、
なんとか持ちそうですw


先週の実弾キルトクールPOGは1勝

やえの厩舎ダノンエアズロック

わちき関連馬
アウェイキング 3着
コルレオニス  3着

2頭出しで人気薄の方が勝つという一番いいパターン!
上位拮抗で大接戦!!

先週のキルトクールPOGオンラインは5勝

ヒラケン厩舎     アフィリオン
狐厩舎        ルージュスエルテ
もんすけ厩舎     ルージュスエルテ
Pochi厩舎       ルージュスエルテ
ひろく〜ん。。。厩舎 ルージュスエルテ

わちき関連馬
グラヴィス    7着
ザブライド    4着
ルージュスエルテ 1着

ルージュが衝撃的な強さ!
まぁ相手が弱いんでしょうが、、、

今週も選びたくなっちゃいますけど、、、
分からん。。。どれが走るんだ!



◆10月28日

●東京芝1600m
パリプラージュ(牡、Uncle Mo×Paris Bikini、美浦・宮田厩舎)
半姉パリスナイツ(北米G1CCAオークス勝ち馬)。1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)は坂路53秒3−12秒6と、新馬としては速めの時計が出ている。なお翌日の東京ダート1600m戦でデビューの可能性もある。

ショウナンラピダス(牡、ドゥラメンテ×シーヴ、美浦・国枝厩舎)
半姉キャスリンソフィア(ケンタッキーオークス勝ち馬)、半兄ショウナンアデイヴ(2勝)。セレクトセール2億4200万円(税込)。調教はウッド6F84秒7−11秒6。併せ馬は劣勢だったようだが、終いに速めの時計は出ている。

●東京芝1400m(牝馬限定)
ジークルーネ(牝、キズナ×ロスヴァイセ、美浦・栗田厩舎)
母は3勝。半兄スキルヴィング(青葉賞勝ち馬)、ヴァーンフリート(3勝)、近親ソングライン(GT3勝)、ディアドラ(GT2勝)、ロジユニヴァース(日本ダービー勝ち馬)。1週前はウッド6F70秒0−11秒4と終い重点だが、2週前はウッド6F82秒4−12秒3と長めから速い時計が出ている。鞍上はルメール騎手。

●京都芝2000m
ブエナオンダ(牡、リオンディーズ×オーサムウインド、栗東・須貝厩舎)
おじスーパーフェザー(重賞3着2回)。セレクトセール1億1550万円(税込)。調教はCW6F84秒5−11秒6。「黒光りする好馬体で、父の産駒らしくパワー型のイメージ。スパッと切れる脚はない印象だが、馬力と持続力で勝負するタイプか」と記者の話。鞍上は川田騎手。

ミナデオロ(牡、レイデオロ×ゴールデンドックエー、栗東・藤原英厩舎)
半兄アルバートドック(重賞2勝)、リライアブルエース(中京記念3着)。CW80秒7−11秒6の好時計をマーク。春に入厩した頃より陣営の評価も高く、デビュー戦から注目だ。鞍上は坂井騎手の予定。

ガルバナム(牡、ハービンジャー×アロマドゥルセ、栗東・渡辺厩舎)
母は3勝。当初は10月8日京都2000mを予定も、万全を期してデビューを延期。その効果かCW6F83秒0−11秒7と、時計も以前より詰まってきている。鞍上は鮫島駿騎手。

●京都ダート1400m
ソングライター(牡、パイロ×ギフトオブソング、栗東・野中厩舎)
半兄ファイアランス(4勝)。2週前のCW6F82秒3も良かったが、1週前はCW6F80秒7−11秒9と時計を詰め、デビューへ向け更に上向いている。

◆10月29日

●東京芝2000m
ジオセントリック(牡、ハービンジャー×プルメリアスター、美浦・手塚厩舎)
半姉ココクレーター(2勝)。おばリスグラシュー(GT4勝)。調教はウッド6F84秒4−11秒5。「ハービンジャー産駒だが、フットワークは軽く、緩さや重苦しさは感じられない。仕上がりは進んでおり、初戦から動けそうなイメージ。気性は素直で、距離が伸びても大丈夫」と記者の話。鞍上はルメール騎手。

ジャスティンローマ(牡、ドゥラメンテ×インナーレルム、美浦・鹿戸厩舎)
近親フィエロ(マイルCS2着2回)。ウッド6F85秒7−12秒0と鹿戸厩舎らしく時計は目立たないが、動きは良好とのことなので初戦から期待したい。

ショウナンガチ(牡、ドゥラメンテ×エスケイプクローズ、栗東・須貝厩舎)
母はカナダの古馬牝馬チャンピオン。セレクトセール1億1550万円(税込)。調教はCW6F85秒2−12秒0で、併せた相手に遅れ。少々心配な内容だが、残り1週での変わり身を見込みたい。鞍上はモレイラ騎手。

●東京ダート1600m
テーオードラッカー(牡、コパノリッキー×マキシムカフェ、栗東・高柳大厩舎)
半兄テーオーケインズ(交流含むGT3勝)。CW81秒2−11秒8の好タイムをマークし、デビュー戦から好勝負を期待して良さそうだ。鞍上は川田騎手。

●京都芝1800m
シンエンペラー(牡、Siyouni×Starlets Sister、栗東・矢作厩舎)
全兄ソットサス(凱旋門賞勝ち馬)。調教はCW6F81秒1−11秒8。「坂路とウッドチップを併用して乗り込み十分。負荷もしっかりかけられており、1週前追いはオープン馬をアオるほど。欧州の良血らしくポテンシャルも高そう」と記者の話。鞍上は坂井騎手。

ガロンヌ(牡、モーリス×リヴィエール、栗東・上村厩舎)
母は2勝。おばジュエルクイーン(エーデルワイス賞2着)。CW6F82秒4−11秒2と全体、終いともに上々の時計が出ている。

カーメルタザイト(牡、サトノダイヤモンド×ミスティークU、栗東・安田翔厩舎)
半姉ジョディー(重賞3着2回)、レーツェル(3勝)。2週前に坂路51秒9の好時計、1週前はCWで6F83秒0−11秒4と終いに速めの時計をマークしている。鞍上は北村友騎手。

ローマンレイク(牝、ドレフォン×メジロオードリー、栗東・松永幹厩舎)
半姉ホウオウイクセル(フラワーC勝ち馬)、祖母メジロドーベル(G1を5勝)。2週前までは目立たなかったが、1週前はジョッキー騎乗ということもありCW6F82秒0−11秒8と水準を突破してきている。鞍上は藤岡康騎手。

●京都芝1400m
リューデスハイム(牡、ニューイヤーズデイ×グリューヴァイン、栗東・牧田厩舎)
母は3勝、おじエングレーバー(4勝)、アルトシュタット(3勝)。CW6F81秒7−12秒3と水準レベルをクリアする時計は出ている。鞍上は松若騎手。
posted by ひろく〜ん at 09:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月21日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その18

今週から寒くなるみたいですね!
風邪やインフルも流行ってるみたいですので皆さまご自愛ください!!

ご自愛ったっておな○ーではないですのでお間違いなきように。。。


先週の実弾キルトクールPOGは0勝


わちき関連馬
なし

先週のキルトクールPOGオンラインは0勝

15番厩舎 バレルターン
狐厩舎  ダノンスウィッチ

わちき関連馬
なし

今週は言わずと知れた菊花賞週ですね!!
十時教官から共通指名提案がきております!!


ひろく〜ん。。。様、どもどもです。

やっぱ菊花賞デー逝っときたいですね。

キルクルPOG23~24 指名7号

◎シュクルノアール
牝2歳

生年月日 2021年2月12日
調教師  辻野泰之 (栗東)
馬主   シルクレーシング
生産者  ノーザンファーム
血統   父キタサンブラック
     母シュクルダール

キタサン産駒の牝馬ビミョーで
ザブライドがヤな感じしますけど
かなり早い時期からルメール確保で
ここに照準合わせてきたらしいですし
たぶん・・いいんじゃないでしょうかw

尚、前回のロードフォアエースも
同日のダート1800!に出走の模様です。


確かに微妙なプロフ。。。
明日の新聞とオッズで判断したいところ。。。

わちきの推しはアストラカというダート出走馬なんですが果たして、、、

◆10月21日

●東京芝2000m
イゾラフェリーチェ(牝、サトノクラウン×ケイティーズファースト、美浦・鹿戸厩舎)
半兄エフフォーリア(G1を3勝)、半姉ペリファーニア(桜花賞3着)。1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)は、美浦ウッド6F85秒0−12秒0。

「稽古は上がり重点だが、持ったままで余力十分。追えば一気に弾けそうな雰囲気がある。血統的にもクラシックを意識できる」と記者の話。鞍上は横山武騎手。

サトノエピック(牡、キタサンブラック×ランドオーバーシー、美浦・国枝厩舎)
母は北米G2勝ち馬、G1で2着2回。半姉アリエノール(3勝)。1週前調教はウッド6F85秒7−11秒6。2週前のウッドでは6F81秒2、プレオープンの週だった9月末の美浦坂路で52秒9−12秒7と好内容の調教を連発している。

「馬格に恵まれ力強さを感じさせるが、調教で加速の際に素早く反応できているように軽さも併せ持つ。父同様2000m以上が合いそう」と記者の話。鞍上は戸崎騎手。

アルゴナヴィス(牡、ドゥラメンテ×プリティカリーナ、栗東・池江厩舎)
半兄エクレアスパークル(6勝)、アンタラジー(4勝)。CW6F81秒7−11秒6の好時計をマークし、初戦から好勝負できる状態にある。鞍上はモレイラ騎手。

●東京芝1400m
アンバサダー(牡、マクフィ×エターナルブーケ、栗東・池江厩舎)
半兄ソウルラッシュ(マイラーズCなど重賞2勝)、おじヒラボクディープ(青葉賞勝ち馬)。調教はCW6F83秒8−11秒6。「父が変わったが、上同様にガッチリとしたパワー型の作り。スピード豊かなタイプで、こちらも適性はマイル以下となりそう」と記者の話。鞍上はモレイラ騎手。

アトリウムチャペル(牝、ドレフォン×ジュリエットベール、美浦・木村厩舎)
母は2戦目に初勝利。おじテトラルキア(平地3勝、障害1勝)。ウッド6F84秒5−12秒8と上りがかかっているが、2週前はウッド6F85秒3−11秒7と、しっかり11秒台でまとめている。鞍上はルメール騎手。

●東京ダート1600m
セラドングリーン(牡、ブラックタイド×グレーパール、美浦・萩原厩舎)
母はデビューから2連勝。おじブラックシェル(ダービー3着)、おばシェルズレイ(重賞2着2回)、アンコールプリュ(フィリーズレビュー2着)。内を回ったこともあり、ウッド6F81秒4−12秒3の速い時計が出ている。 なお翌日のダート1400m戦に回る可能性もある。

●京都芝1600m
ヒロイックロイ(牡、ゼンノロブロイ×マリーファー、栗東・鈴木孝厩舎)
2週前までは平凡だったが、1週前はCW6F82秒9−12秒3と、全体時計を大きく詰め、水準レベルに達してきている。

●京都芝1400m(牝馬限定)
サロニコス(牝、ロードカナロア×サロニカ、栗東・松下厩舎)
母はエルフィンS1着。おじサリオス(朝日杯FS勝ち馬)、おばサラキア(府中牝馬S勝ち馬、G1で2着2回)、サリエラ(ローズS2着)。CW6F82秒6−11秒5の好タイムをマークし、デビュー勝ちへ向け一歩前進だ。鞍上は西村淳騎手。

ケーブパール(牝、ブリックスアンドモルタル×ハナレイムーン、栗東・友道厩舎)
母は4勝。近親ノースフライト(G1を2勝)。調教はCW6F83秒ー11秒7。2週前はCW84秒2−11秒3と、終いの伸びが目立っている。

シャーリーゴールド(牝、エピファネイア×ボニーゴールド、栗東・須貝厩舎)
おばショウナンパンドラ(ジャパンC、秋華賞勝ち馬)。CW6F83秒3−12秒4。古馬相手で遅れてしまったようだが、時計は水準レベルが出ている。鞍上は川田騎手。

ルフトクス(牝、ニューイヤーズデイ×クルークハイト、栗東・杉山晴厩舎)
母は5勝。近親ソングライン(G1を3勝)、ディアドラ(国内外でG1を2勝)。坂路51秒4−12秒4。12日木曜日の2歳馬では3番目、新馬では一番早い時計をマークしている。鞍上は松山騎手。

●京都ダート1800m
メードス(牡、ダイワメジャー×メーデイア、栗東・上村厩舎)
母はJBCレディスクラシック勝ち馬。半兄ディクテオン(JRA4勝、地方2勝)。1週前はCW6F82秒6−11秒7、2週前はCW6F83秒1−11秒4をマークしている。鞍上は西村淳騎手。

◆10月22日

●東京芝1800m
トロピカルティー(牝、リアルスティール×キラモサ、美浦・林厩舎)
母は豪州G1勝ち馬。半姉2頭は新馬戦2、1着。調教はウッド6F69秒4−11秒4と終いの時計が目立っている。

キングベルベット(牡、カリフォルニアクローム×ホワイトエレガンス、美浦・国枝厩舎)
母は3勝。半兄プラチナトレジャー(3勝)。ウッド6F86秒8−12秒1をマークしている。鞍上は菅原明騎手。

●東京ダート1400m
グシチャンノホシ(牡、イスラボニータ×シードラゴン、美浦・田中博厩舎)
祖母ディヤカラニー(フランスオークス3着)。1週前は坂路53秒2−12秒6だが、2週前は坂路52秒0−12秒3の好時計をマークしている。

●京都芝2000m
シュクルノアール(牝、キタサンブラック×シュクルダール、栗東・辻野厩舎)
祖母マルカキャンディ(府中牝馬S勝ち馬)、おじベルシャザール(ジャパンCダート勝ち馬)。CW6F87秒2−11秒5と、終いに速い時計が出ており、2週前に比べても良化が窺える。鞍上はルメール騎手。

ザブライド(牝、ドゥラメンテ×ビートリックスキッド、栗東・西村厩舎)
半姉サトノガーネット(中日新聞杯勝ち馬)。調教はCW6F80秒7−11秒2。現2歳世代の西村厩舎は例年に比べると目立たないが、この馬は期待しても良さそうだ。鞍上は川田騎手。
posted by ひろく〜ん at 06:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月14日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その17

昨日の日本代表戦は快勝でしたね。
とはいえ、快勝しすぎるとそれはそれであんまり面白くないんですよね。
相手が単純に弱く見えてしまって、、、

まぁ、ヒリヒリするような試合はでかい大会で見れればいいっちゃいいんですが、、、


先週の実弾キルトクールPOGは1勝

たくへ〜厩舎  ゴンバデカーブース

わちき関連馬
ドゥマイシング 7着
ベストミーエヴァー 3着

たくへー厩舎が絶好調!これで3週連続勝利かな?
しかも重賞ゲットで2位までUP!!

先週のキルトクールPOGオンラインは0勝

わちき関連馬
なし
こちらは勝ち馬は出ませんでしたが、重賞2着3着馬を輩出してしかばねPOG軍団が1−2位!!

今週はどんなもんかなぁ。。。


◆10月14日

●東京芝1800m
ボーモンド(牡、モーリス×ボージェスト、美浦・国枝厩舎)
半姉ソネットフレーズ(デイリー杯2歳S2着)、半兄ボーデン(スプリングS3着)。1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)は、ウッド6F86秒4−11秒5。2週前の坂路では52秒6−12秒8をマークしている。

「父の産駒らしく筋肉量は豊富。追い切りはセーブ気味でも唸るような迫力があり、資質は確か」と記者の話。デビューした兄姉3頭中2頭はPOG期間内の重賞で上位入線を果たしており、本馬も早期から活躍を期待したい。鞍上はルメール騎手。

オルドヴァイ(牡、オルフェーヴル×ヴェルダ、栗東・中内田厩舎)
半兄プログノーシス(G2を2勝)。1週前は坂路53秒6−12秒4、2週前には坂路52秒7−12秒1の好時計をマークしている。プログノーシスより約5か月も早いデビューで、兄が出走できなかったクラシックへ向け好スタートを切りたい。鞍上は川田騎手。

ケイシンリュウ(牡、デクラレーションオブウォー×センターグランタス、美浦・矢野厩舎)
半姉エイティーンガール(京阪杯、キーンランドC勝ち馬)。調教はウッド6F85秒7−12秒1。6Fの時計だと平凡だが、5Fは65秒1。内目を通ったとはいえ、速い時計が出ている。

ウォーオブサウンド(牡、ブラックタイド×ラッシュライフ、美浦・萩原厩舎)
母は重賞2着2回。半兄ファストフォース(高松宮記念勝ち馬)、アデイインザライフ(新潟記念勝ち馬)。調教はウッド6F88秒1と全体時計は遅いが、終いは11秒7が出ている。

●東京芝1400m
フォートボヤール(牡、ミッキーアイル×ローエキスキーズ、美浦・辻厩舎)
祖母スウィートストリーム(仏G1ヴェルメイユ賞勝ち馬)。「スプリンターを思わせる体の造り。気性を考慮して強く攻めていないが、動きから水準レベルにはある」と記者の話。抑え気味の内容が多かったが、ウッド6F84秒6−11秒9と1週前になって全体時計を詰め、負荷を上げてきている。

キープライジング(牝、ブリックスアンドモルタル×ライジングリーズン、美浦・奥村武厩舎)
母はフェアリーS勝ち馬。1週前は芝で4F51秒台、2週前はウッド6F85秒1−11秒9が出ている。

●京都芝1600m
アドマイヤアストラ(牡、モーリス×フォトコール、栗東・友道厩舎)
母は北米G1を2勝。セレクトセール1億4300万円(税込)。1週前はCW6F80秒3−12秒0と全体時計が速く、2週前はCW6F82秒9で1F11秒3と終いに速い時計が出ている。

「モーリス産駒らしい前進気勢があり、マイラー色が濃い。入念な乗り込みで、ひと追い毎に軽さも迫力も出てきた」と記者の話。鞍上は武豊騎手。

ルージュレイナス(牝、ストロングリターン×プレステッツァ、栗東・橋口厩舎)
近親ヴィクトワールピサ(ドバイワールドカップなど)。9月21日の時点で坂路52秒7−12秒6を出し、1週前はCW6F82秒6−11秒7と上々の時計をマークしている。鞍上は坂井騎手。

クランフォード(牝、ブリックスアンドモルタル×エンジェルフェイス、栗東・杉山晴厩舎)
母はフラワーC勝ち馬。半兄ロードレゼル(青葉賞2着)、おばレディアルバローザ(中山牝馬S2勝)、キャトルフィーユ(クイーンS勝ち馬)。1週前はCW85秒1−11秒5、2週前の坂路は53秒9−12秒1と、ともに終いの伸びが目立っている

バッジオブオナー(牡、ブリックスアンドモルタル×クィーンチャーム、栗東・松永幹厩舎)
母は4勝。おじペルシアンナイト(マイルCS勝ち馬)。調教はCWで6F81秒8−12秒0の好時計をマークしている。鞍上は藤岡佑騎手。

●京都ダート1800m
バロンドール(牡、ニューイヤーズデイ×リュミエールドール、栗東・松永幹厩舎)
母は2勝。近親オルフェーヴル(G1を6勝)、ドリームジャーニー(G1を3勝)。CW6F82秒3−11秒9で、同週にデビューする同厩2頭に比べても内容は優勢は優勢だ。

フォーエバーヤング(牡、リアルスティール×フォエヴァーダーリング、栗東・矢作厩舎)
母は北米G2勝ち馬。半姉は新馬戦をレコード勝ちしたモンファボリ(3勝)。セレクトセール1億780万円(税込)。1週前は坂路で53秒5−12秒6、2週前はCWで6F83秒4−12秒2の時計が出ている。なお、翌週デビューの可能性もある。

●新潟ダート1200m
レアリザシオン(牡、アルアイン×コロナシオン、栗東・小林厩舎)
母は新馬勝ち。祖母ブエナビスタ(GT6勝)。調教は坂路53秒9−12秒2と、終いに好時計が出ている。鞍上は富田騎手

◆10月15日

●東京芝1600m
エコロブルーム(牡、ダイワメジャー×シュガーショック、美浦・加藤征厩舎)
全兄スパイダーゴールド(4勝)、半兄ラーゴム(きさらぎ賞勝ち馬)。調教はウッド6F83秒7−11秒4と、終いが目立っている。

ベストディシジョン(牡、ダイワメジャー×ファイナルディシジョン、美浦・武井厩舎)
半姉ファイナルアンサー、おばインフォームドディシジョン(北米G1を3勝)。調教はウッド6F86秒5−11秒9。じわじわ伸びるタイプという話なので、直線の長い東京コースは合いそうである。

●東京ダート1600m
ラタフォレスト(牡、パイロ×ゴールドフォレスト、美浦・加藤征厩舎)
母は2勝。半兄フルオール(3勝)、近親インティ(フェブラリーS勝ち馬)。ウッド6F84秒3−11秒6と、全体時計は目立たないが、終いは悪くない。

●京都芝1800m
インファイター(牡、エピファネイア×インヘリットデール、栗東・高野厩舎)
母は3勝。おじフサイチリシャール(朝日杯FS勝ち馬)、おばライラプス(クイーンC勝ち馬)、ビーチサンバ(阪神JF3着)。坂路を中心に時計 が出され、2週前は物足りない内容だったが、1週前は54秒4−12秒1と良化。デビューへ向け上昇中だ。鞍上はルメール騎手。

エルサビオ(牡、レイデオロ×ギーニョ、栗東・中内田厩舎)
おばトゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯勝ち馬)。1週前はCW6F83秒0−12秒0。2週前もCW6F83秒0−11秒7と水準レベルの時計は出ている。鞍上は川田騎手。

●京都芝1200m
マーシャルテイル(牡、ミッキーアイル×モルジアナ、栗東・池添厩舎)
母は4勝。半姉コラリン(カンナS1着)、おじシャケトラ(G2を3勝)。芝で6F81秒台と速めの時計をマークしている。鞍上はルメール騎手。

オレンジサファイア(牝、ヴィクトワールピサ×オレンジティアラ、栗東・岡田厩舎)
母は4勝。半姉ポメランチェは新馬戦をレコード勝ち。6月の阪神でデビュー予定も、筋肉疲労が出たため放牧。しっかり立て直してデビューを迎える。調教は坂路55秒2−12秒9。2週前には坂路53秒3−12秒5をマークしており、水準レベルには達している。鞍上は岩田望騎手。

●新潟芝1600m(牝馬限定)
セルース(牝、キズナ×ザズー、美浦・池上厩舎)
半姉アルーシャ(6勝、クイーンC3着)、ダルエスサラーム(紅梅S1着)、半兄プライドランド(4勝)。1週前はウッド5F70秒6−12秒2と遅めだが、2週前はウッド5F68秒5−12秒1の時計が出ている。
posted by ひろく〜ん at 09:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月02日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その17

昨日の北朝鮮戦のなでしこの結果には驚きましたね。
前半だけみると確実に負け試合でしたのに、、、結果圧勝とは、、、

まぁ、あのキーパー確かにハイボールに相当弱かったですね。
3点目・4点目は確実に上狙われてましたからね〜。。。
あんな弱点もろわかりのキーパー初めてみたw



先週の実弾キルトクールPOGは1勝

やえの厩舎  サフィラ

わちき関連馬
アウェイキング 4着

サフィラは鬼門のハーツ牝馬ですがどれくらい出世できますか。。。

先週のキルトクールPOGオンラインは2勝

狐厩舎  サフィラ
教官ですです厩舎  サフィラ

わちき関連馬
グラヴィス 2着

1位2位が勝馬擁立!

今週はどうでしょうかねぇ。。。
G1週に選ぶというのが定石なんでよほど評判が良さげな馬以外はスルー傾向。。。


◆10月7日

●東京芝1800m
トライデントスピア(牡、ダイワメジャー×アンフィトリテ2、美浦・田中博厩舎)
母は豪州G1勝ち馬。1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)はウッド6F82秒7−11秒6。2週前までは大人しい内容だったが、レースが近づくにつれ時計も詰まってきている。

シャンパンマーク(牡、キズナ×メモリアルライフ、美浦・蛯名厩舎) 半兄シャンパンカラー(NHKマイルC勝ち馬)。2週前まではウッド。1週前はプレオープンとなった美浦坂路で53秒4−12秒4を出している。

●東京芝1600m(牝馬限定)
ミエノジュピター(牝、ブリックスアンドモルタル×サトノジュピター、美浦・堀厩舎)
母は小倉日経オープンなど4勝。半兄アステロイドベルト(3勝)、おじアドマイヤラクティ(豪州G1コーフィールドC勝ち馬)。9月30日の中山マイルを除外になり、ここへ回る予定。調教は坂路53秒6−12秒7。21日のウッドではドゥレイクパセージ(芙蓉S3着)に先着するなど動きは目立っている。

マテンロウディアナ(牝、ブリックスアンドモルタル×ブルックデイル、栗東・中内田厩舎)
母は4勝。半兄ドクタードリトル(2勝)。CW6F83秒4−11秒8と時計は水準レベルをクリア。新馬戦に強い中内田厩舎で、この馬も初戦から期待したい。

ラパンリュネール(牝、ロードカナロア×クードラパン、美浦・武井厩舎)
母は4勝。おじグランシルク(京成杯AH勝ち馬)。調教はウッド6F86秒0−12秒3。2歳馬らしく、まだ非力な面があってウッドではあまり動かないようだ。レースへ行っての変身に期待したい。鞍上はルメール騎手。

●東京ダート1300m
エンパス(牝、ベストウォーリア×パールブロッサム、栗東・西園厩舎)
母は2勝。近親エフフォーリア(有馬記念などGT3勝)。CW6F81秒8−12秒4と、西園厩舎らしく速めのタイムをマークしている

●京都芝1600m(牝馬限定)
ダークファンタジー(牝、スワーヴリチャード×パンズラビリンス、栗東・須貝厩舎)
おじミュゼスルタン(新潟2歳S勝ち馬)。併せ馬ではステラヴェローチェの胸を借り、坂路51秒1−12秒7の速い時計で、木曜日2歳馬の一番時計をマークしている。

シルヴァリームーン(牝、キズナ×ムーンライトベイ、栗東・渡辺厩舎)
半姉シゲルピンクルビー(フィリーズレビュー勝ち馬)、シゲルピンクダイヤ(桜花賞2着、秋華賞3着)。CW6F82秒3−11秒5と全体、終いともに上々で、いい形でデビュー戦を迎えられそうだ。鞍上は武豊騎手。

イフェイオン(牝、エピファネイア×イチオクノホシ、栗東・杉山佳厩舎)
母は重賞2着2回。2週前までは坂路主体。1週前はCWで6F83秒1−11秒6と、コースを変えて調教内容もアップしている。鞍上は西村淳騎手。

●京都ダート1800m
オペラプラージュ(牡、ニューイヤーズデイ×ベルプラージュ、栗東・新谷厩舎)
母は3勝。半兄ロスコフ(3勝)。9月21日の坂路で52秒7−12秒1と好時計を出していたが、CWでも6F81秒8−12秒0と速い時計をマークしている。鞍上は岩田望騎手。

◆10月8日

●東京芝2000m
マイネルレグルス(牡、スクリーンヒーロー×マイネテレジア、美浦・手塚厩舎)
半姉ユーバーレーベン(オークス勝ち馬)、半兄マイネルファンロン(新潟記念勝ち馬)。調教はウッド6F85秒3−12秒0。「切れる脚を持つ一族ではないが、長く脚を使える持久力が大きな武器。兄姉と同様にパワフルで、素質は水準以上」と記者の話。鞍上は横山武騎手。

グラウンドビート(牡、ロードカナロア×ダンスファンタジア、美浦・田村厩舎)
母はフェアリーS勝ち馬。半姉ヒップホップソウル(重賞2着2回)、半兄ダノンファスト(リステッドレースなど5勝)。調教はウッド6F84秒5−11秒9で、5Fは66秒台の好時計。週毎に時計も詰めている。川田騎手確保で、楽しみも増している。

ベンサレム(牡、スワーヴリチャード×アガルタ、美浦・稲垣厩舎)
半兄マイネルオフィール(平地6勝、障害2勝)、半姉プロレタリアト(4勝)。1週前は終い重点にウッド6F88秒6−11秒7だが、2週前はウッドで5F66秒1の速い時計が出ている。

●東京ダート1600m
ミッキーファイト(牡、ドレフォン×スペシャルグルーヴ、美浦・田中博厩舎)
半兄ジュンライトボルト(チャンピオンズC勝ち馬)、グルーヴィット(中京記念勝ち馬)。調教はウッド6F82秒1−11秒6。同じ一族、同じ厩舎の先輩ローシャムパークがオールカマーを快勝。この波に乗り、偉大な兄に近づきたい。

モアザンワンス(牝、マジェスティックウォリアー×フォーエバーモア、栗東・高野厩舎)
母はクイーンC勝ち馬。坂路52秒8−11秒9と、終い1F12秒を切ったことは評価できる。鞍上は西村淳騎手。

インペリアルモート(牡、マジェスティックウォリアー×エバーグレーズ、美浦・高柳瑞厩舎)
半姉セリオーソは新馬勝ち。近親シーキングザベスト(武蔵野S勝ち馬)。9月23日の中山ダート1800m戦を除外。調教はウッド6F85秒0−12秒0。デビューが2週伸びたことで、仕上がりは更に進んでいる。

●京都芝1800m
ジャンタルマンタル(牡、Palace Malice×インディアマントゥナ、栗東・高野厩舎)
母は北米G3勝ち馬。調教は坂路53秒3−11秒7。これで3週連続で坂路1F11秒台を連発しており、デビュー戦から勝ち負けを期待できる。鞍上は鮫島駿騎手。

ヒシグランディヴァ(牝、シュヴァルグラン×ラリズ、栗東・友道厩舎)
半兄ヒシイグアス(重賞3勝、G1で2着2回)。調教はCW6F83秒0−11秒8。「9月上旬から入念に乗り込みを消化。併せ馬ではハーパーやヒートオンビートなどオープン馬のパートナーも務めている。スラリとして軽さを感じる中距離向きの馬体。 併せた相手に遅れたが、時計は悪くない」と記者の話。鞍上は松山騎手。

モズイージス(牡、サンダースノー×モズカッチャン、栗東・松下厩舎)
母はエリザベス女王杯勝ち馬。調教はCW6F87秒8−11秒6。全体時計は遅いが、終いは速い時計が出ている。

●京都ダート1400m
キャピタルサックス(牡、リオンディーズ×モンプティクール、栗東・杉山晴厩舎)
CW83秒4−11秒6で、古馬オープン馬を煽る動き。半兄ノーヴァレンダは交流G1全日本2歳優駿を勝ったが、弟も2歳戦から活躍を見込みたい。

ドレアンティア(牝、ドレフォン×スズカシャンティー、栗東・飯田厩舎)
半兄ミスズグランドオー、ヴォーガ、シベリウス(それぞれ4勝)。調教は坂路54秒9−11秒9。終い重点とはいえ、坂路で1F12秒を切ったことは評価したい。

レッドリベルタ(牡、リアルスティール×レッドディオーサ、栗東・庄野厩舎)
母は3勝。おばレッドアトゥ(5勝)。CW6F67秒7−12秒1。6Fの時計を大きく詰めており、デビュー戦へ向け仕上がりが進んでいる。鞍上は浜中騎手。

◆10月9日

●東京芝1600m
ファビュラススター(牡、エピファネイア×ヴンダーゾンネ、美浦・萩原厩舎)
母は3勝。半姉アリンナ(5勝)。ウッド6F83秒1−11秒9で、5Fは65秒5の好タイムをマークしている。

アンドアイラヴハー(牝、No Ney Never×Cant Buy Me Love、美浦・田村厩舎)
祖母トゥゲザーは北米G1勝ち馬。近親アグリ(阪急杯勝ち馬)。調教はウッド6F83秒7−11秒6。「攻め気配は抜群。真面目な性格で距離が延びると微妙だが、マイルなら間違いなく好素材」と記者の話。鞍上はルメール騎手。

●京都芝2000m
オールナット(牡、サトノダイヤモンド×キューティゴールド、栗東・高野厩舎)
半姉ショウナンパンドラ(ジャパンC、秋華賞勝ち馬)。調教は坂路54秒0−12秒1。2週前の坂路も12秒1で上がっており、姉のように、末脚に注目したい。鞍上は北村友騎手。

●京都芝1400m
グロリアラウス(牡、リアルインパクト×アンティフォナ、栗東・斉藤崇厩舎)
全兄ラウダシオン(マイルCS勝ち馬)。2週前はCWで、古馬オープンと併入。1週前は坂路で54秒7−12秒7を楽にマークしている。鞍上は団野騎手。

フェアアイル(牝、ミッキーアイル×ライジングクロス、栗東・音無厩舎)
半姉アースライズ(フラワーC2着)。坂路52秒1−13秒6と全体は速いが、かかるところがあって終いがかかってしまったようだ。レースも折り合いが鍵になる。
posted by ひろく〜ん at 22:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月23日

【実弾キルトクールPOG23-24】【キルトクールPOGオンライン23-24】連絡帳その15

今日は朝から、明日の朝までの麻雀大会!!
今年でもう6回目!!楽しみすぎて2度寝が15分くらいで起きてしまった。。。

現在7人中2位の好位置キープ!!トップ狙うよ〜!
半荘15回くらいできそうかな!




先週の実弾キルトクールPOGは2勝

15番厩舎  アシセバイラ
ひろく〜ん厩舎 クイックバイオ

わちき関連馬
クイックバイオ 1着
フライフリーダム 8着

クイックバイオやりました!新馬戦でしんがり負けのときは頭抱えたけど、、、
さすが須貝!
んで、今度はフライフリーダムがしんがり負けで頭抱える。。。(/´△`\)

先週のキルトクールPOGオンラインは1勝

Pochi厩舎  サトノオラシオン

わちき関連馬
なし

こちらはPochi厩舎が連週で勝利で2位に浮上!!
お見事!!

今週は十時教官より共通指名馬提案です!


ひろく〜ん。。。様、どもどもです。

残暑ながらも季節はすでに秋競馬すね。

キルクルPOG23~24 指名6号

◎ロードフォアエース
牡2歳 鹿毛

生年月日 2021年4月4日
調教師  友道康夫 (栗東)
馬主   ロードホースクラブ
生産者  ケイアイファーム
血統   父ロードカナロア
     母イトワズマジック

ノーマークだったんですが
調教で終まい11秒台を連発し
友道さんは潜在能力ありと絶賛
ローカナで距離どーかなですけど
なんだかちょっと良さげかな・・と
朝日杯FS要員てことで逝ってみますw


わちきは今週阪神2000から選んでみたいなー。。。


◆9月23日

●中山芝1600m
コナウェリナ(牝、ミッキーアイル×コナブリュワーズ、美浦・宮田厩舎)
母は4勝。半姉コナコースト(桜花賞2着)、おじテオドール(5勝)、ロシュフォール(4勝)。 1週前調教(以降も調教は、主に1週前のもの)は、ウッド6F84秒3−11秒6。「追い切りは上がり重点で全体時計は目立たないけど、終いの伸び脚は目立った。血統から距離はあまり持たないと思うが、スピード能力は確かなものを感じる」と記者の話。鞍上はルメール騎手。

ルヴニール(牝、キズナ×アメージングムーン、美浦・奥村武厩舎)
半兄ノースブリッジ(重賞2勝)、タッチウッド(共同通信杯2着)。調教はウッド6F88秒1−11秒8と、終い重点の調教が積まれている。活躍した兄の2頭は折り合いに苦労したので、レースではそのあたりに注目したい。

マルチライセンス(牡、ブリックスアンドモルタル×トップライセンス、美浦・高柳瑞厩舎)
母は3勝。近親スワーヴリチャード(ジャパンC、大阪杯勝ち馬)。5F67秒8−12秒0の時計をマークし、調教を重ねる毎に内容もアップしている。鞍上は丸山騎手。

●中山ダート1800m
ソプラニスタ(牡、リオンディーズ×ソングバード、美浦・田中博厩舎)
半兄アドマイヤウイナー(重賞3着2回)、おばブルーメンブラット(マイルCS勝ち馬)。9月5日に転倒するアクシデントがあったが、幸い大事に至らずデビューを迎える。調教はウッド6F84秒2−12秒0。5Fでは66秒台の速い時計が出るなど、調教内容はアップしている。鞍上はルメール騎手。

インペリアルモート(牡、マジェスティックウォリアー×エバーグレーズ、美浦・高柳瑞厩舎)
近親シーキングザベスト(武蔵野S勝ち馬)。ウッド6F83秒4−12秒4で、一つ上の姉セリオーソを追走して併入。時計も週毎に詰まっており、デビューへ向け良化が進んでいる。鞍上は石橋騎手。

●阪神芝1600m
アルバニー(牝、ロードカナロア×ピースアンドウォー、栗東・斉藤崇厩舎)
母は北米G1勝ち馬。半姉ヴァルキュラ(4勝)。2週前は坂路52秒9−12秒5、1週前は坂路51秒9−12秒4と好時計を連発し、初戦から期待できる。

ロードフォアエース(牡、ロードカナロア×イトワズマジック、栗東・友道厩舎)
祖母ミスティフォーミー(愛仏でGT4勝)、おじユーエスネイヴィフラッグ(イギリスG1を3勝)、おばローリーポーリー(英仏でG1を3勝)。調教はCW6F83秒6−11秒7。川田騎手が稽古をつけたということなので、もう少し動いて欲しかったが、時計そのものは悪くない。

●阪神ダート1400m(牝馬限定)
ルージュシュエット(牝、Curlin×ダンシングラグズ、栗東・矢作厩舎)
近親サンライズラポール(4勝)。CW6F86秒3−12秒4と全体時計は平凡だが、まだまだ本数は少なく、変わり身の余地は大きい。鞍上は坂井騎手。

プレヴィスト(牝、デクラレーションオブウォー×ジェラスキャット、栗東・池添厩舎)
半兄デュードヴァン(ユニコーンS2着)。ドゥラエレーデと同じく池添厩舎&スリーエイチレーシングのライン。調教はCW6F82秒8−11秒9で、古馬オープンと併入している。

◆9月24日

●中山芝2000m
カニキュル(牝、エピファネイア×シャルール、美浦・菊沢厩舎)
母は重賞2着2回。半兄トランキリテ(3勝)、おじアーデント(弥生賞3着)。調教はウッド6F84秒6−11秒6。「馬体に重苦しさはなく、両親の血統通り芝の中距離向きかな。稽古は追うたびに良化しており、水準以上の動き。1Fの時計は目立っており、楽しみが増している」と記者の話。鞍上はルメール騎手。

ホウオウベルクソン(牡、リアルスティール×ベルワトリング、美浦・大竹厩舎)
母はチリG1を5勝。ウッド6F79秒7−12秒2は、木曜日の2歳2番時計にあたる好時計。セレクトセール常連の血統で、兄には億超えの馬が2頭いるが、ここまで兄姉6頭でJRAは1勝のみ。そろそろ当たりと言える活躍を願いたい。

ジャンドル(牡、エピファネイア×フーラブライド、美浦・高木厩舎)
母は中山牝馬S、愛知杯勝ち馬。調教は、先輩の胸を借りウッド6F85秒0−12秒0の時計。さすがに遅れたが、古馬準オープンと併せているあたりに期待の高さが感じられる。

シュバルツクーゲル(牡、キズナ×ソベラニア、美浦・鹿戸厩舎)
半兄シュヴァルツリーゼ(弥生賞2着)、ゼーゲン(4勝)。ウッド6F88秒5−12秒0と全体は遅いが、終いは12秒を切るレベルの時計を複数出している。鞍上は西村淳騎手。

●中山ダート1200m
グランオルカ(牡、Liam’s Map×Layla、美浦・武井厩舎)
近親ヒラボクワイルド(オープン特別2勝)。調教はウッド6F82秒4−12秒6と、全体時計は上々。7月から時計を出しており、仕上がりは他馬以上に進んでいる。

●阪神芝2000m
シュヴェルトリリエ(牡、モーリス×リスグラシュー、栗東・矢作厩舎)
母は有馬記念などG1を3勝した名牝。2週前の坂路では古馬オープン馬に先着し、1週前もCW6F82秒7−11秒7の好時計をマーク。初戦はもちろん、先々も注目の存在だ。鞍上は坂井騎手。

リチャードバローズ(牡、エピファネイア×マルケサ、栗東・上村厩舎)
半姉ビューティフルデイ(5勝)、半兄トライン(4勝)。調教はCW6F80秒6−11秒9。「上同様に追ってからの反応が良く、稽古はラスト1ハロン11秒台を連発。瞬発力は確かで決め手がありそうなタイプ」と記者の話。鞍上は横山武騎手。

サトノシュトラーセ(牡、ジャスタウェイ×ワンダーオブリップス、栗東・友道厩舎)
母はイタリアオークス3着。CW6F83秒6−11秒3と終いが特に目立っており、注目度は増している。鞍上は川田騎手

ショウナンラプンタ(牡、キズナ×フリアアステカ、栗東・高野厩舎)
母はアルゼンチンG1勝ち馬。セレクトセール1億340万円(税込)。坂路を主体に1週前は54秒8−12秒2だが、9月6日には坂路で1F11秒6の超抜時計をマークし、評価は上がっている。

ゴーディアンノット(牡、レイデオロ×アドヴェントス、栗東・斉藤崇厩舎)
母は3勝。おばトールポピー(オークス、阪神JF勝ち馬)、アヴェンチュラ(秋華賞勝ち馬)、おじフサイチホウオー(重賞3勝)。坂路53秒5−12秒9と終いはかかったが、集中力を欠くところがあるようなので、全力を出したわけではないようだ。鞍上はデムーロ騎手。

●阪神ダート1800m
マルチャレアル(牡、リアルインパクト×ヴィートマルシェ、栗東・斉藤崇厩舎)
半姉マルシュロレーヌ(ブリーダーズCディスタフ勝ち馬)、半兄バーデンヴァイラー(交流G3を2勝)。1週前は坂路52秒6−12秒4、2週前は52秒2−12秒2と好時計を連発している。鞍上は坂井騎手。

ソニックスター(牡、Into Mischief×Carolina Bertie、美浦・木村厩舎)
近親アメリカンファクト(3勝)。美浦の木村厩舎所属だが、栗東入りして調整。1週前はCW6F85秒0−12秒1、2週前にはCW6F81秒0の好時計。17日の日曜日にも坂路で1F11秒9の速い時計をマークし、初戦勝ちへ向け更に前進している。
posted by ひろく〜ん at 06:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キルトクールPOGオンライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする